スズキ・ハスラー Xターボ(4WD/CVT)/ハスラー X(FF/CVT)

夢の国の軽カー 2014.01.23 試乗記 ハイトワゴンの使い勝手とSUVテイストのデザインを併せ持つ「スズキ・ハスラー」に試乗。日本ならではの「カワイイ文化」が生んだ、軽クロスオーバーの実力を試した。

今日のニッポンだからできた形

1983年に開園した東京ディズニーランドに私が初めて行ったのは、う~ん、いつだったかぜんぜん覚えていないけれど、ジャングルクルーズに乗って爆笑した記憶がある。ガイドのおにいさんが、「あ、危ない!」と叫んで水の中に潜んでいたワニをピストルで撃った。パンッという爆発音がとどろき、ガイドのおにいさんは銃をしまってかじをクルクル回しながらひとこといった。「毎日こんなことやってるんですよ~」

あれから30年ほどの歳月が流れ、「スズキ・ハスラー」の試乗会は、そんな思い出のある東京ディズニーリゾートの敷地内、といってもいい距離にあるホテルをベースに開かれた。
だから、ハスラーで走っていると、シンデレラ城やらモノレールやら火山やら豪華客船やらが見えた。夢の国ディズニーランドと、わが国が誇るカワイイ文化に加わった新型軽カーはたいへんよく似合っているように思えた。
いとうつくしきもの(かわいらしいもの)が清少納言の時代から私たちニッポン人は大好きで、私もまたひとりのニッポン人なのであった。

「なにもなにも、ちひさきものはみなうつくし」(枕草子)

海沿いの道を東京方面に向かって走っていると、かなたに葛西臨海公園の観覧車やら東京スカイツリーやら六本木ヒルズやらがくっきり見えた。なあんだ、リアルワールドもディズニーランドと変わらないではないか。21世紀の私たちはディズニーランド化する世界で生きている。スズキ・ハスラーは、そんなニッポンだからこそ通用する、いとうつくしき、夢の王国のクルマなのだ。

「スズキ・ハスラー」は、軽ハイトワゴンの「スズキ・ワゴンR」をベースとした軽クロスオーバー。SUVルックのデザインとベース車譲りの使い勝手が特徴だ。
「スズキ・ハスラー」は、軽ハイトワゴンの「スズキ・ワゴンR」をベースとした軽クロスオーバー。SUVルックのデザインとベース車譲りの使い勝手が特徴だ。
エクステリア同様、遊び心にあふれたインテリア。オレンジ色のインストゥルメントパネルは、車体色にオレンジとホワイトのツートンカラーを選んだ場合にのみ設定される。
エクステリア同様、遊び心にあふれたインテリア。オレンジ色のインストゥルメントパネルは、車体色にオレンジとホワイトのツートンカラーを選んだ場合にのみ設定される。
シートにはボディーカラーに合わせて4色のパイピングを用意。
シートにはボディーカラーに合わせて4色のパイピングを用意。
一体可倒式リアシートの「A」を除いて、後席は左右個別にスライドとリクライニングが可能。スライドの調整幅は160mmとなっている。
一体可倒式リアシートの「A」を除いて、後席は左右個別にスライドとリクライニングが可能。スライドの調整幅は160mmとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハスラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る