第14回:ちょっと体質変わってきてるかも?
東京オートサロン2014雑感

2014.01.22 エッセイ

「86」「BRZ」が減ったような……

今年も行ってまいりました東京オートサロン! 今や、チューニングやカスタムをするユーザーの数が減りつつある日本のクルマ業界において、オートサロンは唯一といってもいい「華」っていうか慶事! しかも今年は、出展社数こそ減っても展示面積は過去最大。いままで未使用だったホールも使い始めたほどの盛り上がりで、3日間の入場者数も過去最高の29万6714人って話。このイベントを励みにやってる全国のショップも多いと思うんだけど、そうはいっても今年は体質の変化を感じましたなぁ。

まずは旬な新車の少なさだ。ここ1~2年は「トヨタ86」や「スバルBRZ」をイジったものが多かった気がするけど、今年はあまり見なかった。雑感ゆえ、正確に台数は数えてないんで申し訳ないけど。

ド派手な輸入車も減った気がするな。確かに、相変わらずリッチ輸入車で有名な「WALD」さんは「ロールス・ロイス・ゴースト」を出してたし、あるところにはあるという感じだったけど、「ええ、コイツを日本でチューニングしたの!!」ってインパクトはほぼなかった。
本来なら新しくなった「ベントレー・フライングスパー」やニュー「レンジローバー」を、エエッここまで!? みたいのがあってよかったような……。唯一、新型「シボレー・コルベット」が展示されていたのは朗報だが、もっといろんなのが出ていてほしかった。

会場で見かけたド派手極まる「レクサスLS」。
カスタムカーコンテストのチューニングカー部門で優秀賞を獲得した「MAVERICK SCION FR-S」。大きく張り出したフェンダーと、レクサス風のフロントグリルが目を引く。
こちらの「シボレー・コルベット」は、名古屋でアメリカ車や海外製ホイールなどの輸入販売を手掛けるショップが出展したものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』