VW「クロストゥーラン」にツートンの内装色採用

2014.01.21 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」
「フォルクスワーゲン・クロストゥーラン」

フォルクスワーゲンが「クロストゥーラン」にツートンカラーの内装を採用

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年1月21日、コンパクトミニバン「クロストゥーラン」に一部改良を実施し、発売した。

今回の改良では、インテリアをブラックとグレーのツートンカラーとするなど、内外装の一部のデザインを変更している。

具体的には、座面と背もたれにグレーのファブリックを、サイドサポートにブラックのアルカンターラを使用したツートンカラーのシートを採用。ステアリングホイールなどのステッチをグレーに変更したほか、ドアの内張りにグレーのアルカンターラを採用した。

一方、外観ではアルミホイールのデザインを変更。ボディーカラーの設定を、新色2色を含む全6色とした。

価格は355万円。

 

 

(webCG)


 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る