ホンダ・ヴェゼル ハイブリッドX(4WD/7AT)/ヴェゼル ハイブリッドZ(FF/7AT)

巧妙で活発 2014.01.27 試乗記 ホンダが新たに投入したコンパクトクロスオーバー「ヴェゼル」。人気のハイブリッドモデルで、その走りを確かめた。

キーワードは「現代のスペシャリティー」

「ヴェゼル」が目指すのは“第5のグローバルカー”という。現在、ホンダで自他ともに認めるグローバルカーといえば「アコード」「CR-V」「シビック」「フィット」の4台で、それに続く存在となるのがヴェゼルの至上命令。

ホンダの場合、グローバルといってもフィット以外の3台は“北米最優先”の感が色濃い。まあ、北米では絶対的地位を築いているからトータル台数は多いが、例えばアコードやCR-Vは日本や欧州でビッグヒットを見込めるクルマではない。シビックにいたっては、現在は日本で売られてすらいない。

ヴェゼルはだから、世界で満遍なく売れることが重視される。ヴェゼルの企画開発プロジェクトのリーダー役をつとめた板井義春氏は、歴代アコードにずっと携わってきた“北米向けホンダのスペシャリスト”だが、ヴェゼルの開発ではあえて北米に赴いて「北米の意見はいっさい聞かないぞ」とタンカを切ってきたんだとか。

それゆえに、ヴェゼルの役割は多面的。最も重視するアジア市場でのヴェゼルは“あこがれの高付加価値商品”であり、欧州ではあの「HR-V」(欧州では高評価を得ており、今も乗り続けるユーザーが多いとか)の後継であり、そして、なんだかんだいっても北米でも売る。北米でも「MINI」は人気が高い。

最後に、わが日本での狙いどころは“現代のスペシャリティー”だそうである。ヴェゼルはもちろん2ドアでもないし、背も高いのだが“あえて指名買いしたくなるプチぜいたくグルマ”という広義の意味で。

ここ数年のホンダには2つの危機感がある。ひとつがリーマンショック時に痛感した「北米市場がコケると、ホンダもコケる」という北米依存度の高さ。そして「フィットと『フリード』と軽自動車しか売れない」という日本国内市場のゆゆしき現状である。

搭載されるハイブリッドシステムは、1.5リッター直4エンジン(132ps、15.9kgm)とモーター(29.5ps、16.3kgm)の組み合わせとなる。
「ヴェゼル ハイブリッドX」の室内。
「ヴェゼル ハイブリッドX」。アイポイントは「標準的なセダン+100mm」を目安として設計されたという。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴェゼルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る