スズキ、「ランディ」に先進の安全装備を採用

2014.01.21 自動車ニュース
「スズキ・ランディ」

スズキ、「ランディ」に先進の安全装備を採用

スズキは2014年1月21日、ミニバンの「ランディ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

ランディは、スズキが日産からOEM供給を受ける「日産セレナ」の姉妹モデルである。

今回の改良では、中間グレードとして「2.0S」と「2.0G」の間に「2.0X」を設定。燃費性能の改善もはかっており、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を搭載したFF車では15.4~16.0km/リッター(JC08モード)を実現した。

また、「2.0X」「2.0G」の2グレードに、低速域での追突事故を回避、もしくはその被害を軽減するエマージェンシーブレーキと、LDW(車線逸脱警報)を標準装備。「2.0G」に、踏み間違い衝突防止アシストやふらつき警報、全方位モニター(MOD<移動物検知>機能付き)などをセットとした「アドバンスドセーフティパッケージ」をオプション設定した。

外観デザインの一部にも手を加えており、フロントグリルやフロントバンパー、ヘッドランプなど、フロントまわりのデザインを変更。全車にトップシェード付きフロントガラスを採用したほか、「2.0X」「2.0G」にLEDヘッドランプを装備した。

価格は224万1750円~299万5650円

(webCG)

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る