スズキ、「ランディ」に先進の安全装備を採用

2014.01.21 自動車ニュース
「スズキ・ランディ」
「スズキ・ランディ」

スズキ、「ランディ」に先進の安全装備を採用

スズキは2014年1月21日、ミニバンの「ランディ」に一部改良を実施し、販売を開始した。

ランディは、スズキが日産からOEM供給を受ける「日産セレナ」の姉妹モデルである。

今回の改良では、中間グレードとして「2.0S」と「2.0G」の間に「2.0X」を設定。燃費性能の改善もはかっており、スマートシンプルハイブリッド(S-HYBRID)を搭載したFF車では15.4~16.0km/リッター(JC08モード)を実現した。

また、「2.0X」「2.0G」の2グレードに、低速域での追突事故を回避、もしくはその被害を軽減するエマージェンシーブレーキと、LDW(車線逸脱警報)を標準装備。「2.0G」に、踏み間違い衝突防止アシストやふらつき警報、全方位モニター(MOD<移動物検知>機能付き)などをセットとした「アドバンスドセーフティパッケージ」をオプション設定した。

外観デザインの一部にも手を加えており、フロントグリルやフロントバンパー、ヘッドランプなど、フロントまわりのデザインを変更。全車にトップシェード付きフロントガラスを採用したほか、「2.0X」「2.0G」にLEDヘッドランプを装備した。

価格は224万1750円~299万5650円

(webCG)

 

関連キーワード:
ランディスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「スズキ・ランディ」がフルモデルチェンジ 2016.12.13 自動車ニュース スズキは2016年12月13日、3列シートミニバン「ランディ」をフルモデルチェンジし、同年12月20日に発売すると発表した。ランディは「日産セレナ」の姉妹モデルにあたり、日産からOEM供給を受けて販売されるモデルである。
  • スズキ、1.3リッター7人乗り「エブリイ+」発売 1999.6.21 自動車ニュース スズキは7人乗りワゴン「エブリイ+(プラス)」を6月17日より発売した。コンパクトさがうりものだ。「スズキエブリイ+(プラス)」の特徴は全長3675ミリ、全幅1505ミリのボディサイズに1.3リッターエンジンの組合わせというコンパクトさにある。それでいて3列シートを備え7名の乗車を可能にするなど、高効率パッケージがセリングポイントだ。ボディスタイルは短いノーズがついたワンボックスタイプ、いわゆるセミキャブオーバー型で、後席は左右にスライドドアを備える。全高は1915mmもあり、ドライバーの着座位置は高い。2列目シートは独立型で、3列目シートへのウォークインが可能なレイアウトとなっている。エンジンは85馬力の最高出力を発生する1.3リッター4気筒SOHC16バルブで、電子制御ロックアップ付き4段オートマチックトランスミッションと組み合わせられる。搭載位置は車体中央部の床下で、前輪あるいは4輪を駆動する。装備は充実している。リモコン式集中ドアロック、前席パワーウィンドウ、チルト調節機構付パワーステアリング、カセットプレイヤー付AM/FMラジオ、エアコン、後席ヒーターなどが標準装備される。「スズキエブリイ+(プラス)」のラインナップは、前輪駆動が141.0万円、4輪駆動が153.0万円だ。オプションでツインエアコンとサンルーフの組合わせを選ぶことができる。小さな7人乗り、というコンセプトはなかなか斬新。さすがニッチ(すきま)に強いスズキだ。ひとつだけ注文をいわせてもらえば、この種のクルマは高級感を出そうとすると逆に貧乏くさくなるので、思いきりよくシンプルにやってもらいたい。(Web CG オガワ)
  • 「スズキ・ランディ」仕様変更で燃費向上 2012.8.9 自動車ニュース スズキは2012年8月9日、3列シートミニバン「ランディ」の仕様を変更し、発売した。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人... 2017.2.6 試乗記