レクサスIS F“ダイナミックスポーツチューニング”(FR/8AT)

「サーキット育ち」の功罪 2014.01.29 試乗記 「レクサスIS F」に特別仕様車「ダイナミックスポーツチューニング」が登場。動力性能に磨きをかけた、特別な「IS F」の実力を試す。

玄人好みのエンジンチューニング

「レクサスIS F」に、その動力性能をさらに極めんとする特別仕様車が登場した。その名も「ダイナミックスポーツチューニング」。この手のメーカー系チューンドを考えると、サスペンションを固めてお茶を濁すのが手っ取り早いし、定番なのだが、どうやら今回はそこの変更はないらしい。レクサス側としてはそれだけ現状のアシには自信があるのだろうし、マイチェン以降の「IS-F」未体験の筆者としても、渡りに船といえる試乗だった。

では今回の変更点は何なのかというと、まず5リッターのV8エンジンが、その内部にまで手が加えられた。そしてまた、これがいたずらなパワーアップを狙わない、非常に心ニクいやり方だった。
ピストンリングには摩擦抵抗を下げた低フリクションタイプを用い、ピストンとコンロッドをクランクシャフトに組み付けた状態で、これを回転させながらバランスを取った。バランス取りはバランス取りでも、いわゆる「ダイナミックバランス」というヤツである(これがパッケージ名称の由来だろう)。その結果、423psだった最高出力は430psに向上。自然吸気エンジンで、しかもメーカーとしての耐久基準をクリアしながら、7psも出力をアップさせるのは大変なことだ。だがその狙いは絶対数値の獲得ではなく、レスポンスの向上にあると思われる。ちなみにエキゾーストには、従来比7kgの軽量化を実現するチタンマフラーが装着されている。

「Dynamic Sport Tuning(ダイナミックスポーツチューニング)」は、2013年9月の一部改良と同時に設定された「IS F」の特別仕様車。動力性能を高めるために、エンジンなどに専用のチューニングを施している。
「Dynamic Sport Tuning(ダイナミックスポーツチューニング)」は、2013年9月の一部改良と同時に設定された「IS F」の特別仕様車。動力性能を高めるために、エンジンなどに専用のチューニングを施している。
1基ずつ回転させながらバランスをとったとうたわれる5リッターV8エンジン。ピストンやポンプ類のフリクション低減とも相まって、7psの出力向上と滑らかな回転フィールを実現したという。
1基ずつ回転させながらバランスをとったとうたわれる5リッターV8エンジン。ピストンやポンプ類のフリクション低減とも相まって、7psの出力向上と滑らかな回転フィールを実現したという。
「ダイナミックスポーツチューニング」に装備されるチタンマフラー。カーボン製のリアディフューザーも同車の専用品だ。
「ダイナミックスポーツチューニング」に装備されるチタンマフラー。カーボン製のリアディフューザーも同車の専用品だ。
関連記事
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2016.3.25 試乗記 477psの5リッターV8エンジンを搭載するレクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に試乗。サーキットで鍛えられた走行性能は、その一方でごく日常的な走りの場面において、どのような味わいをもたらしてくれるのだろうか。
  • レクサスGS F(FR/8AT)【試乗記】 2015.12.24 試乗記 5リッターV8エンジンを搭載する、レクサスのハイパフォーマンスセダン「GS F」に、サーキットと一般道で試乗。開発陣が「これまでの“F”モデルで培ってきた、全ての技術と知見を注ぎ込んだ」と自信を見せる、走りの質を確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • レクサスLC【開発者インタビュー】 2017.5.5 試乗記 一台のニューモデルという枠を超えて、これからのレクサスの方向性を指し示すという重要な役割を担うことになる「レクサスLC」。欧米のプレミアムブランドに立ち向かうための戦略を、開発を担当した落畑 学さんに伺った。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • レクサスIS F“ダイナミックスポーツチューニング”(FR/8AT)【試乗記】 2014.1.29 試乗記 「レクサスIS F」に特別仕様車「ダイナミックスポーツチューニング」が登場。動力性能に磨きをかけた、特別な「IS F」の実力を試す。
  • レクサスIS250 Fスポーツ(FR/6AT)/レクサスIS F(FR/8AT)【試乗記】 2011.1.12 試乗記 レクサスIS250 Fスポーツ(FR/6AT)/レクサスIS F(FR/8AT)
    ……502万5000円/832万3150円

    控え目を旨とするレクサスの個性は、いまひとつ伝わりにくい。けれども、「レクサスIS」シリーズのスポーティ仕様2台は、このブランドの個性を明確に伝えてくれた。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • 第41回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    GLCクーペはレスポンスキング!?
    2017.5.16 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第41回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! GLCクーペはレスポンスキング!?」。2.2リッター4気筒ディーゼルターボエンジンは静かで快適。メルセデス・ベンツのスタイリッシュSUVの○と×とは?
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
ホームへ戻る