フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIコンフォートライン(FF/7AT)

価値あるワゴン 2014.02.05 試乗記 4年ぶりに世代交代を果たした「ゴルフヴァリアント」に試乗。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも選ばれた7代目「ゴルフ」の、ワゴンバージョンの実力やいかに!?

ファーストタッチで「いいクルマ」

「ちょっと動かしただけでも、いきなり“いいクルマ”ですね」。

箱根のてっぺんで、撮影のためにほんの数十メートル運転した『webCG』編集部のKさんがそう言った。そこまで彼が乗ってきたのが、すでに10万km近く走った社用車の「トヨタ・プリウス」だったことを考慮しても、新しいゴルフのワゴンはそんなふうに言わせるクルマだ。

ぼくも都内を走り始めたとき、いきなりいいクルマだと思った。ハッチバックやノッチバックセダンから派生したステーションワゴンでは、荷重の増加に備えてリアサスペンションが硬くなったり、その結果、なんとなく後ろが重く感じられたりしがちだが、そうしたネガが新型ヴァリアントにはまったくない。
ボディー全長が31cm延び、車重が60kg重くなっても、7代目ゴルフの上等で高級な乗り味がそのまま引き継がれている。プラットフォームも今回はゴルフVIIと共通。先代ヴァリアントのように、「車台はひと世代前のかァ……」なんて引け目を感じることもなくなった。

試乗車はコンフォートライン。2グレードあるうちの“安いほう”である。だが、乗っていてこれだけコンフォートなのだから、てっきり上級の1.4リッターモデルかと勘違いしていた。その後、車検証で1.2リッターと知り、驚いた。それくらい、ハッチバックと同じ105psの直噴1.2リッターターボは、なお十分に力強い。ワゴンだから大きめのエンジンを選ぼう、というようなステレオタイプな考え方はしなくていいと思う。

2014年1月6日に販売がスタートした、最新の「ゴルフヴァリアント」。全長は、先代モデル比で30mmアップ。現行型のハッチバックモデル「ゴルフ」に比べ、310mm長くなっている。
2014年1月6日に販売がスタートした、最新の「ゴルフヴァリアント」。全長は、先代モデル比で30mmアップ。現行型のハッチバックモデル「ゴルフ」に比べ、310mm長くなっている。
インテリアのデザインは「ゴルフ」と同じ。カーナビは、純正のインフォテインメントシステムやETC、iPodとUSBデバイスの接続装置からなるセットオプション(17万8500円)に含まれる。
インテリアのデザインは「ゴルフ」と同じ。カーナビは、純正のインフォテインメントシステムやETC、iPodとUSBデバイスの接続装置からなるセットオプション(17万8500円)に含まれる。
エントリーモデル「TSIコンフォートライン」のシート表皮は、チタンブラックと呼ばれる黒のファブリックのみ。
エントリーモデル「TSIコンフォートライン」のシート表皮は、チタンブラックと呼ばれる黒のファブリックのみ。
105psと17.8kgmを発生する1.2リッター直4ターボ。燃費値は、JC08モードで21.0km/リッター。アウトプットで35psと7.7kgm勝る1.4リッターの上級モデル「TSIハイライン」では、19.5km/リッターとなる。
105psと17.8kgmを発生する1.2リッター直4ターボ。燃費値は、JC08モードで21.0km/リッター。アウトプットで35psと7.7kgm勝る1.4リッターの上級モデル「TSIハイライン」では、19.5km/リッターとなる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る