レーシーな仕立てのロータス・エヴォーラ登場

2014.01.24 自動車ニュース
「ロータス・エヴォーラS スポーツレーサー」

レーシーな仕立ての「ロータス・エヴォーラ」が登場

日本におけるロータス車の正規輸入販売を手掛けるエルシーアイは2014年1月24日、「ロータス・エヴォーラS スポーツレーサー」の販売を開始した。

エヴォーラS スポーツレーサーは、スーパーチャージャー付きの3.5リッターV6エンジンを搭載した「エヴォーラS」をベースに、内外装をよりスポーティーに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは「アスペンホワイト」「カーボングレー」「ナイトフォールブルー」「アーデントレッド」の4色で、いずれもルーフやフロントスプリッター、リアディフューザー、サイドシルには光沢のあるブラックを採用。リアバッジやドアミラーなども黒でコーディネートしており、足元にはグロスブラックの鍛造ホイールとレッドのブレーキキャリパーを装備している。

一方インテリアでは、2+2シートを標準装備。スエード調素材を用いたダッシュボード、ドアトリム、センターコンソールには、赤いステッチを施している。またダッシュボードには、ベース車となったエヴォーラSと同じく、ガンメタルのダッシュボードパネルを採用。シートには、ブラックレザーに赤のステッチとパイピングを施したものと、ベノムレッドの表皮に黒のパイピングとステッチを施したものの2種類を用意している。

装備も充実しており、スポーツモード切り替えスイッチやチタン製スポーツエキゾーストなどからなる「スポーツ・パック」や、アルパイン製カーナビゲーションシステムやステアリング制御機能付きクルーズコントロールなどからなる「テック・パック」を標準で採用している。

価格は、6段MT仕様が1055万円、IPS(6段AT)仕様が1100万円。納車時期は2014年2月を予定している。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エヴォーラの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ロータス・エキシージ スポーツ350(MR/6MT)【試乗記】 2016.10.19 試乗記 大幅な軽量化により、動力性能をさらに突き詰めた「ロータス・エキシージ スポーツ350」。より速く、より荒々しくなったその走りを堪能し、名だたるスーパーカーでさえ持ち合わせていない、このクルマだけの“特権”に触れた。
  • ロータス、2016年11月8日より新価格で販売 2016.11.8 自動車ニュース エルシーアイは2016年11月8日、同日付けでロータス車の価格を改定すると発表した。新価格は「エリーゼ」シリーズが572万4000円から700万円、「エキシージ」シリーズが880万円から972万円、「エヴォーラ400」が1258万2000円となっている。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ロータス・エヴォーラ400(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.30 試乗記 最高出力406ps、車両重量1395kg。ロータスのフラッグシップモデル「エヴォーラ」が、より軽く、よりパワフルな「エヴォーラ400」に進化を遂げた。6段MT仕様の試乗を通して感じた、動力性能の向上だけにとどまらない進化のポイントを報告する。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
ホームへ戻る