メルセデス「Aクラス」に2つの限定モデル登場

2014.01.23 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツA180エディションスタイル」
「メルセデス・ベンツA180エディションスタイル」

「メルセデス・ベンツAクラス」に2種類の限定モデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2014年1月23日、コンパクトカー「Aクラス」の限定モデル「A180 Edition Style(エディションスタイル)」「A250 シュポルト Edition Night(エディションナイト)」を発売した。納車時期はともに2月上旬を予定している。

 

■A180エディションスタイル

A180エディションスタイルは、エントリーグレードの「A180」をベースに内外装デザインをよりスポーティーかつスタイリッシュに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは「ジュピターレッド」と「カルサイトホワイト」の2色で、フロントにはクロムラインの入ったボディー同色のグリルを採用。シートをはじめ、インテリアの一部もボディーカラーに合わせてコーディネートしている。

装備も充実しており、安全運転支援システムの「セーフティパッケージ」をはじめ、自動操舵(そうだ)機能によって縦列駐車を支援するアクティブパーキングアシストやバイキセノンヘッドライトなどからなる「バリューパッケージ」、メモリー付きパワーシート、シートヒーターなど、通常はオプション扱いとなる装備を標準で採用している。

価格は330万円。800台の台数限定で販売される。

 

「A250シュポルト エディションナイト」
「A250シュポルト エディションナイト」

■A250 シュポルト エディションナイト

A250シュポルト エディションナイトは、Aクラスのスポーツグレード「A250シュポルト」をベースに、ブラックを基調にエクステリアデザインをコーディネートしたものである。

ボディーカラーは「コスモスブラック」のみの設定で、ハイグロスブラックを用いたシルバーダイヤモンドグリルとウィンドウライントリムを採用。また安全運転支援システムの「セーフティパッケージ」や、シートヒーター(運転席、助手席)を標準装備している。

価格はベース車より30万円高の450万円。販売台数は200台の限定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント2.0TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.22 試乗記 「フォルクスワーゲン・パサート」に、2リッターターボエンジンを搭載した「2.0TSI Rライン」が登場。「ゴルフGTI」ゆずりのエンジンとパワートレイン、そしてRラインならではのシャシー制御システムが織り成す走りを試す。
ホームへ戻る