メルセデス「Aクラス」に2つの限定モデル登場

2014.01.23 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツA180エディションスタイル」
「メルセデス・ベンツA180エディションスタイル」

「メルセデス・ベンツAクラス」に2種類の限定モデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2014年1月23日、コンパクトカー「Aクラス」の限定モデル「A180 Edition Style(エディションスタイル)」「A250 シュポルト Edition Night(エディションナイト)」を発売した。納車時期はともに2月上旬を予定している。

 

■A180エディションスタイル

A180エディションスタイルは、エントリーグレードの「A180」をベースに内外装デザインをよりスポーティーかつスタイリッシュに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは「ジュピターレッド」と「カルサイトホワイト」の2色で、フロントにはクロムラインの入ったボディー同色のグリルを採用。シートをはじめ、インテリアの一部もボディーカラーに合わせてコーディネートしている。

装備も充実しており、安全運転支援システムの「セーフティパッケージ」をはじめ、自動操舵(そうだ)機能によって縦列駐車を支援するアクティブパーキングアシストやバイキセノンヘッドライトなどからなる「バリューパッケージ」、メモリー付きパワーシート、シートヒーターなど、通常はオプション扱いとなる装備を標準で採用している。

価格は330万円。800台の台数限定で販売される。

 

「A250シュポルト エディションナイト」
「A250シュポルト エディションナイト」

■A250 シュポルト エディションナイト

A250シュポルト エディションナイトは、Aクラスのスポーツグレード「A250シュポルト」をベースに、ブラックを基調にエクステリアデザインをコーディネートしたものである。

ボディーカラーは「コスモスブラック」のみの設定で、ハイグロスブラックを用いたシルバーダイヤモンドグリルとウィンドウライントリムを採用。また安全運転支援システムの「セーフティパッケージ」や、シートヒーター(運転席、助手席)を標準装備している。

価格はベース車より30万円高の450万円。販売台数は200台の限定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
Aクラスメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • メルセデス・ベンツAクラス 2018.2.5 画像・写真 独ダイムラーは2018年2月2日(現地時間)、新型「Aクラス」をアムステルダムで世界初公開した。「MBUX」と呼ばれる新しいインフォテインメントシステムを搭載するなど、意欲的な内容となっている。発表会の様子を写真で紹介する。
  • 5人で寝られる「メルセデス・ベンツV220dマルコ・ポーロ ホライゾン」登場 2018.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年2月2日、「メルセデス・ベンツVクラス」のモデルラインナップに「V220dマルコ ポーロ ホライゾン」を追加設定し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年7月ごろとなる見込み。
  • アウディRS 4アバント(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.2.13 試乗記 フルモデルチェンジで4代目となった、新型「アウディRS 4」に試乗。最高出力450psのV6ターボエンジンを得て、ハイパフォーマンスワゴンの走りはどう変わったのか。スペインはマラガから報告する。
  • 第480回:より新しく、より若々しく
    新型「メルセデス・ベンツAクラス」がいよいよ発進
    2018.2.9 エディターから一言 メルセデス・ベンツがオランダ・アムステルダムで新型「Aクラス」を世界初公開した。この地が発表の舞台に選ばれた理由や、新しいマルチメディアシステムの出来栄えなどを通し、スリーポインテッドスターがリリースする新しい“ファーストムーバー”の姿に迫る。
ホームへ戻る