充実装備の「VWパサートヴァリアント」が登場

2014.01.24 自動車ニュース
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント ナビエディション」
「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント ナビエディション」
    拡大

充実装備の「フォルクスワーゲン・パサートヴァリアント」が登場

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2014年1月24日、ステーションワゴン「パサートヴァリアント」の特別限定車「ナビエディション」を発売した。

今回の特別限定車は、エントリーグレードの「TSIコンフォートライン」をベースに、装備を強化したものである。

具体的な特別装備は以下の通り。
・フォルクスワーゲン純正ナビゲーションシステム“712SDCW”
・リアビューカメラ“Rear Assist”
・バイキセノンヘッドライト(オートハイトコントロール付き)
・ダイナミックコーナリングライト
・ヘッドライトウオッシャー

ボディーカラーは「キャンディホワイト」「ディープブラックパールエフェクト」の2色で、販売台数はそれぞれ150台の計300台となっている。

価格はベース車から据え置きの352万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
パサートフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第1回 新グレード「TSIエレガンスライン」を試す 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 装備が見直されるとともに、ラインナップが改められたフォルクスワーゲンのセダン「パサート」に試乗。新グレード「TSIエレガンスライン」をメインに、その仕上がりを詳しく報告する。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.4.4 試乗記 フォルクスワーゲン(VW)が「パサート」のディーゼルモデルをリリースした。パサートといえば“質実剛健”を地でいく上質な実用車。そこに同じく実用エンジンのディーゼルを組み合わせると、仕上がりはどんな感じ? ワゴンのヴァリアントでテストした。
  • 第2回 「フォルクスワーゲン・パサート」に乗るということ 2016.11.22 最新Passatの進化を探る<PR> 「フォルクスワーゲン・パサート」と過ごすカーライフとは、どのようなものなのか。新たにラインナップされた「TSIエレガンスライン」と、装備の充実が図られた「TSIハイライン」に試乗して考えた。
  • 第88回:「正しいけど欲しくない」GT-R 2018.5.1 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第88回は「正しいけど欲しくないGT-R」。日本のカーマニアにとって、「GT-R」のデザインはアリなのか、ナシなのか!? 国産スポーツカーの販売状況をもとに、高価格帯モデルのトレンドを読み解く。 
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.24 試乗記 フォルクスワーゲンのベストセラーコンパクト「ポロ」がフルモデルチェンジ。エンジンがさらにダウンサイジングされた一方で、ボディーは大きく立派になり、ついに3ナンバーの領域に突入。そこに“ポロらしさ”はあるのだろうか。
ホームへ戻る