クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

アウディA3セダン1.8 TFSIクワトロ(4WD/6AT)

時代が求めた小さなセダン 2014.01.30 試乗記 アウディ期待のエース候補「A3セダン」に冬の北海道で試乗。コンパクトセダン市場に4WDの老舗が送り込んだ、ニューモデルの実力に触れた。

プレミアムブランドの基礎を築いた技術

十勝サーキットのパドックにつくられた圧雪の特設コースこそ、クワトロの晴れ舞台だった。雪煙をあげながら、もっと早くここにくればよかった……と思った。14時に十勝空港をスタートして、ウロウロしていたら日が傾きはじめた。北国の太陽は日没予定時刻の16時半になると、地平線のかなたに呆気(あっけ)なく消えた。あたりは急速に闇に包まれ、スタート地点の空港に戻らねばならない時間になった。後ろ髪を引かれながら、私は空港に向かった。

アウディ・クワトロは雪に強かとです。

と左門豊作のマネを唐突にする必要はまったくないのですが、なぜかそうしたくなるのは、あまりにそれが自明だからだ、と自問自答した。1980年に登場したアウディの新技術、クワトロは4WDの新しい可能性をモータースポーツでの圧倒的な勝利でもって提示した。それはまさに革命的な技術だった。なにしろ、フォードやオペルがライバルだったアウディを、メルセデス・ベンツやBMW相手のプレミアムブランドへと押し上げたのだから。もちろんその要因はクワトロだけではないけれど、「技術による先進」をスローガンに掲げる、こんにちのアウディの礎であることは疑いない。

同じ「A3」シリーズに属する「A3セダン」と「A3スポーツバック」だが、エクステリアで共通するパーツはヘッドランプ、グリル、サイドミラー、ドアハンドルのみだ。
同じ「A3」シリーズに属する「A3セダン」と「A3スポーツバック」だが、エクステリアで共通するパーツはヘッドランプ、グリル、サイドミラー、ドアハンドルのみだ。 拡大
十勝サーキットの施設内に用意された特設コースを走る「A3セダン」。試乗は帯広、十勝の一般道と高速道路、そしてこの特設コースで実施された。
十勝サーキットの施設内に用意された特設コースを走る「A3セダン」。試乗は帯広、十勝の一般道と高速道路、そしてこの特設コースで実施された。 拡大
横断幕に描かれたアウディのメーカーロゴ。4つの輪からなる「フォーシルバーリングス」とともに、ブランドスローガンの「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」の文字が添えられている。
横断幕に描かれたアウディのメーカーロゴ。4つの輪からなる「フォーシルバーリングス」とともに、ブランドスローガンの「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」の文字が添えられている。 拡大

期待されるには理由がある

そういえば、その昔、たぶん1980年代の終わりだったと思うけれど、「アウディ80クワトロ」の試乗会が冬の北海道で開かれたと記憶する。う~む、長野か新潟のどこかだったかもしれない。とにかく、雪道を80クワトロはいともたやすく走ったもんじゃった。80はその後「A4」となり、アウディ躍進の中心モデルになっているのはご存じの通りである。そして、現行A4がすばらしくスタイリッシュで、すばらしいクルマであることも多くの読者諸兄の知るところであろうけれど、これまたご存じのように日本市場においては大きくなりすぎた、という懸念がある。問題は全幅が1800mmを超えてしまったことだ。これでは日本の狭い駐車場に入らない。ちなみに、80年代の80は全幅1695mmと1.7mを切っていた。

アウディ ジャパンとしても、1月14日に発売した「A3セダン」に大いなる期待をかけている。全幅1795mmは多くの立体駐車場で歓迎されるだろうし、4465mmの全長は、昨年発売となった新型「A3スポーツバック」より140mm、トランクの分、延びただけで、プレミアム・コンパクトセダンと呼ぶにふさわしいサイズなのだから。

「A3セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1795×1390mm。「アウディ80(B4)」と比べると、全長、全幅はほぼ同じだが、全幅は10cmほどこちらの方が幅広い。
「A3セダン」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4465×1795×1390mm。「アウディ80(B4)」と比べると、全長、全幅はほぼ同じだが、全幅は10cmほどこちらの方が幅広い。 拡大
内装色はブラック基調のモノトーンが主で、外装色に応じてブラックとブラウンのツートンカラーも用意。
内装色はブラック基調のモノトーンが主で、外装色に応じてブラックとブラウンのツートンカラーも用意。 拡大
関連キーワード

アウディの成長戦略の旗手

1996年に「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のアウディ版として発売されたA3は、プレミアムコンパクトという新しいマーケットを切り開いた。これまでに累計350万台を販売し、いまやアウディ全体の販売台数の20%を占める主力モデルに成長している。そのA3の新たな派生モデルがこのセダンである。アウディAGは、Cセグメントと呼ばれるコンパクトクラスにおいて、今後はセダンが一番伸びてくる、と予想している。彼らのメインマーケットである中国、そして北米でセダン人気が根強いからだろう。

日本市場でもセダンの需要がなくなったわけではない。アウディ ジャパンは5年前、A4が全幅1800mmを超えたときから、コンパクトセダンを熱望していたそうだ。それが実現したのがA3セダンで、日本国内で今年、5000台の販売を目標に掲げている。A3スポーツバックと合わせてシリーズで1万台、アウディ全体で3万2000台をもくろむ。2013年のアウディの国内販売台数は、前年比プラス19%の2万8676台。A3セダンが計画通り売れれば、簡単に達成できることになる。アウディの3台に1台がA3シリーズとなるわけで、期待のエース候補なのである。

今回試乗した「1.8 TFSIクワトロ」と、FF車の「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」には、写真のスポーツシートが標準装備される。
今回試乗した「1.8 TFSIクワトロ」と、FF車の「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」には、写真のスポーツシートが標準装備される。 拡大
リアシートは4:6の分割可倒式で、中央のアームレストには、トランクスルー機構も備わる。
リアシートは4:6の分割可倒式で、中央のアームレストには、トランクスルー機構も備わる。 拡大
トランク容量はFF車の「1.4 TFSI」と「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」が425リッター、4WD車の「1.8 TFSIクワトロ」が390リッターとなっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます)
トランク容量はFF車の「1.4 TFSI」と「1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」が425リッター、4WD車の「1.8 TFSIクワトロ」が390リッターとなっている。(写真をクリックすると、シートの倒れる様子が見られます) 拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

コストパフォーマンスでライバルを追撃

A3セダンの日本仕様はスポーツバックと同様のラインナップで、122psと140ps、2種の1.4ターボと、180psの1.8ターボの全部で3種類のパワートレインが用意されている。価格は325万円から410万円までで、どれもスポーツバックより17万円高に設定されている。1.8ターボはクワトロのみとなり、最も高価なモデルとなる。今回北海道で試乗したのは、もちろんこのクワトロである。

最大のライバルは「メルセデス・ベンツCLAクラス」だけれど、あちらが4ドアクーペであるのに対して、A3セダンは、クーペルックながら、特に後席に関してはセダンという名称通りの居住空間を確保しているところが強みだ。価格面では、「1.8 TFSIクワトロ」を戦略モデルと位置づけている。「CLA 4MATIC」の484万円と比べると、なるほど、と思わされる。74万円も安いのだ。「マイ・ファースト・クワトロ」というキャッチフレーズで、A3セダンの推しメンとしている。

パワーユニットは、122psと140psの2種類の1.4リッター直4ターボと、180psの直4ターボの全3種類。
パワーユニットは、122psと140psの2種類の1.4リッター直4ターボと、180psの直4ターボの全3種類。 拡大
「A3セダン」には3種類のエンジンが用意されているが、「クワトロ」フルタイム4WDシステムが用意されるのは「1.8 TFSI」のみ。
「A3セダン」には3種類のエンジンが用意されているが、「クワトロ」フルタイム4WDシステムが用意されるのは「1.8 TFSI」のみ。 拡大
「1.8 TFSIクワトロ」の駆動システムは、エンジン横置きのFFをベースにしたフルタイム4WD。後輪への駆動力の伝達には、ハルデックスカップリングを用いている。
「1.8 TFSIクワトロ」の駆動システムは、エンジン横置きのFFをベースにしたフルタイム4WD。後輪への駆動力の伝達には、ハルデックスカップリングを用いている。 拡大

「クルマ任せ」が一番快適

A3のクワトロはハルデックスタイプ、すなわち電子制御の油圧多板クラッチをセンターデフに使ったフルタイム4WDである。前後トルク配分は状況に応じて、100:0から50:50までつねに変化する。この制御に、アウディ独自のノウハウがあるらしい。はるばる来たゼ、十勝帯広、だったわけだけれど、あいにく今年は降雪が例外的に少ないそうで、一般道はドライ路面が多かった。雪道に慣れていない私としては幸いであるけれど、ところどころ残る雪面をクワトロはサクサクと走るのだった。

A3はベースモデルを除いて「アウディドライブセレクト」を標準装備している。私はいつものように「自動」を選んで、ダンピングの切り替えやステアリングの重さ、エンジンとギアボックスの制御やらをクルマに任せた。たいていそれが一番よいからだ。乗り心地はファーム(firm=固い、安定している)で締まっており、快適である。荷室が独立している分、静粛性が増しているように思われた。その分、ときどき残っている雪上路では独特の異音が入ってくる。

「アウディドライブセレクト」とは、状況に応じて「エフィシェンシー」や「コンフォート」「ダイナミック」などの走行モードを選べる可変制御システム。「1.4 TFSI」以外の全車に標準装備される。
「アウディドライブセレクト」とは、状況に応じて「エフィシェンシー」や「コンフォート」「ダイナミック」などの走行モードを選べる可変制御システム。「1.4 TFSI」以外の全車に標準装備される。 拡大
「1.8 TFSIクワトロ」には、トランスミッションに6段デュアルクラッチ式ATを採用。1.4リッターの2グレードには、同じデュアルクラッチ式ATでも7段のものを搭載している。
「1.8 TFSIクワトロ」には、トランスミッションに6段デュアルクラッチ式ATを採用。1.4リッターの2グレードには、同じデュアルクラッチ式ATでも7段のものを搭載している。 拡大

ぶっ飛ばすほどに本性が現れる

ドライ路面で走っている限り、A3セダン1.8 TFSIクワトロは俊敏なスポーツ・サルーンというより、ちょっと鈍いところに安心感がある生活の相棒、という感じがした。

というのも、1.8 TFSIは最高出力180ps、0~100km/h加速6.8秒、最高速度235km/hという、スポーツカー並みの数値をもつ。高性能を万人向けの5人乗り4ドアセダンで実現しているのである。であるがゆえに、ドライビングフィールはマジメで穏当、という言葉が浮かぶような味付けにしてあるのだろう。誤解を招く表現だけれど、ちょっぴり鈍い。もしかしたら、スポーツバックより、鈍い。A3スポーツバックのクワトロも、FFと比べるととちょっぴり鈍い。で、A3セダンはトランクを付け足して重量が10kgだけ増えている。それがリアアクスルにオーバーハングしている。わずかな違いだけれど、こういうことが関係しているのかもしれない。ともかくクルマがゆったり応答してくれる。だからこそ、ドライバーは余裕をもって対応できる。

クワトロシステムは条件が悪いほど、威力を発揮する。1.4ターボに較べると、ちょっとおとなしめの印象だった1.8ターボエンジンも、全開にすると、やや控えめながら、低音の乾いたサウンドを発する。ぶっ飛ばすほどに真の姿が現れる。テクノロジーがスピードを支配する。めくるめく快感がある。運転好きは、そこにノックダウンされるのである。

(文=今尾直樹/写真=河野敦樹)

雪道での「クワトロ」の実力に触れるべく行われた今回の北海道試乗だが、当日の道路状況はご覧の通り。一般道は、ところどころに雪や凍結部分が残る程度だった。
雪道での「クワトロ」の実力に触れるべく行われた今回の北海道試乗だが、当日の道路状況はご覧の通り。一般道は、ところどころに雪や凍結部分が残る程度だった。 拡大
今回のテスト車は、スタッドレスタイヤの「ミシュランX-ICE XI 3」を装着していた。
今回のテスト車は、スタッドレスタイヤの「ミシュランX-ICE XI 3」を装着していた。 拡大
 
アウディA3セダン1.8 TFSIクワトロ(4WD/6AT)【試乗記】の画像 拡大

テスト車のデータ

アウディA3セダン1.8 TFSIクワトロ

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1795×1390mm
ホイールベース:2635mm
車重:1470kg
駆動方式:4WD
エンジン:1.8リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:180ps(132kW)/4500-6200rpm
最大トルク:28.6kgm(280Nm)/1350-4500rpm
タイヤ:(前)225/45R17/(後)225/45R17(ミシュランX-ICE XI 3)
燃費:14.8km/リッター(JC08モード)
価格:410万円/テスト車=486万5000円
オプション装備:ボディーカラー<メタリック/パールエフェクト>(6万5000円)/コンビニエンスパッケージ(21万円)/MMIナビゲーションシステム(30万円)/アダプティブクルーズコントロール<アウディ・ブレーキガード機能付き>(8万円)/バング&オルフセン・サウンドシステム(11万円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター
参考燃費:--km/リッター

アウディA3セダン1.8 TFSIクワトロ
アウディA3セダン1.8 TFSIクワトロ 拡大
あなたにおすすめの記事