アウディA3セダン1.8 TFSIクワトロ(4WD/6AT)

時代が求めた小さなセダン 2014.01.30 試乗記 アウディ期待のエース候補「A3セダン」に冬の北海道で試乗。コンパクトセダン市場に4WDの老舗が送り込んだ、ニューモデルの実力に触れた。

プレミアムブランドの基礎を築いた技術

十勝サーキットのパドックにつくられた圧雪の特設コースこそ、クワトロの晴れ舞台だった。雪煙をあげながら、もっと早くここにくればよかった……と思った。14時に十勝空港をスタートして、ウロウロしていたら日が傾きはじめた。北国の太陽は日没予定時刻の16時半になると、地平線のかなたに呆気(あっけ)なく消えた。あたりは急速に闇に包まれ、スタート地点の空港に戻らねばならない時間になった。後ろ髪を引かれながら、私は空港に向かった。

アウディ・クワトロは雪に強かとです。

と左門豊作のマネを唐突にする必要はまったくないのですが、なぜかそうしたくなるのは、あまりにそれが自明だからだ、と自問自答した。1980年に登場したアウディの新技術、クワトロは4WDの新しい可能性をモータースポーツでの圧倒的な勝利でもって提示した。それはまさに革命的な技術だった。なにしろ、フォードやオペルがライバルだったアウディを、メルセデス・ベンツやBMW相手のプレミアムブランドへと押し上げたのだから。もちろんその要因はクワトロだけではないけれど、「技術による先進」をスローガンに掲げる、こんにちのアウディの礎であることは疑いない。

同じ「A3」シリーズに属する「A3セダン」と「A3スポーツバック」だが、エクステリアで共通するパーツはヘッドランプ、グリル、サイドミラー、ドアハンドルのみだ。
同じ「A3」シリーズに属する「A3セダン」と「A3スポーツバック」だが、エクステリアで共通するパーツはヘッドランプ、グリル、サイドミラー、ドアハンドルのみだ。
十勝サーキットの施設内に用意された特設コースを走る「A3セダン」。試乗は帯広、十勝の一般道と高速道路、そしてこの特設コースで実施された。
十勝サーキットの施設内に用意された特設コースを走る「A3セダン」。試乗は帯広、十勝の一般道と高速道路、そしてこの特設コースで実施された。
横断幕に描かれたアウディのメーカーロゴ。4つの輪からなる「フォーシルバーリングス」とともに、ブランドスローガンの「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」の文字が添えられている。
横断幕に描かれたアウディのメーカーロゴ。4つの輪からなる「フォーシルバーリングス」とともに、ブランドスローガンの「Vorsprung durch Technik(技術による先進)」の文字が添えられている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

A3セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る