スバル・レヴォーグ1.6GT-S EyeSight プロトタイプ(4WD/CVT)/レヴォーグ2.0GT-S EyeSight プロトタイプ(4WD/CVT)

単なるワゴンにあらず 2014.02.03 試乗記 スバルが日本国内市場のために開発したという、新型ワゴン「レヴォーグ」。その走りは? そして乗り心地は……? 発売に先がけて、サーキットで試した。

悟りをひらいたスバル

新しい「スバル・レヴォーグ」を貫くキーワードは「適切」。肩肘を張って力むより、凝りに凝った先進メカニズムを叫ぶより、涼しい顔でスラ~ッと行く大人の味わいこそ本当のスバル。世界のラリーやツーリングカーレースなど、頂点に挑み続けたあげくたどり着いた、悟りの境地とでも言えるだろうか。クルマの楽しさを味わい尽くし成熟したユーザーなら、一瞬にしてその真価を見抜くはず。これまでスバルと縁の薄かった人たちも、これなら納得すること間違いない。

スバルだから当然と言い切ってしまえるほど、レヴォーグの走りには破れ目がない。例によってスムーズきわまる水平対向エンジンの“回転感”、どこから踏んでも素直に立ち上がる深い力感、ステアリングを切り込んだ瞬間すぐ直観できる重心の低さ、お家芸シンメトリカルAWDならではの卓越したトラクション性能が光る、安心感そのものの加速………など、もはや耳タコの世界だろう。

そんなレヴォーグで注目したいポイントは、あえて「日本専用」と銘打ったこと。これまでスバルの上級車といえば「レガシィ」が定番だったが、歴代だんだん大型化したばかりか、次はもっと大きくなるのだとか。主な輸出先アメリカでの大歓迎ぶりに応えるにはやむを得ないだろうが、ぴったり身に付くドライビング感覚が薄れるのを危惧したくもなる。大きすぎては、普段の実用にも邪魔くさい。


スバル・レヴォーグ1.6GT-S EyeSight プロトタイプ/レヴォーグ2.0GT-S EyeSight プロトタイプ【試乗記】の画像
「レヴォーグ」のインテリア。写真のノーマルシートのほか、グレードによってはスポーツシートが与えられる。
「レヴォーグ」のインテリア。写真のノーマルシートのほか、グレードによってはスポーツシートが与えられる。
2リッター水平対向4気筒ターボ「DIT」ユニットは、300psと40.8kgmを発生。駆動方式は、全車4WDとなる。
2リッター水平対向4気筒ターボ「DIT」ユニットは、300psと40.8kgmを発生。駆動方式は、全車4WDとなる。
ボディーは、現行型「レガシィツーリングワゴン」比で100mm短く70mm低い、同車の先代モデルに近いサイズとなっている。
ボディーは、現行型「レガシィツーリングワゴン」比で100mm短く70mm低い、同車の先代モデルに近いサイズとなっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2014.8.6 試乗記 リアルスポーツカーとグランドツーリングカーの融合を目指して開発された、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。実際に乗ってみたら、どうなのか? 最もパワフルかつスポーティーなグレードで試した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る