EV版「トミーカイラZZ」を都内初公開

2014.01.28 自動車ニュース
新色パールホワイトをまとったEV版「トミーカイラZZ」。
新色パールホワイトをまとったEV版「トミーカイラZZ」。

EV版「トミーカイラZZ」を都内初公開

電気自動車(EV)の開発・販売を行うグリーンロードモータース(GLM、本社:京都市左京区)は2014年1月28日、EVスポーツカー「トミーカイラZZ」を東京都内で公開した。

GLMの小間裕康社長と「トミーカイラZZ」。実車は2月1日から、東京・六本木にあるカーグッズのセレクトショップ、Le Garage(ル・ガラージュ)で展示される。
GLMの小間裕康社長と「トミーカイラZZ」。実車は2月1日から、東京・六本木にあるカーグッズのセレクトショップ、Le Garage(ル・ガラージュ)で展示される。

■2月に2回目の受注を開始

EV版トミーカイラZZの東京エリアでの公開は今回が初めて。新色のパールホワイトに塗られた市販仕様が報道関係者に披露された。
発表会では、GLMの小間裕康社長が、「京都の職人が作り上げたトミーカイラZZを、東京の皆さまにお見せできることを心からうれしく思います」とあいさつし、EVの特長である力強い加速性能と軽量スポーツカーならではの軽快なハンドリングが奏でる、これまでにない面白さを味わってほしいと、EVスポーツカーならではの魅力をアピールした。

生産台数は99台を予定し、車両価格は800万円(税別)。すでに第1回の受注(2013年5月開始)を終えており、今年春に納車を開始するという。今回の都内でのお披露目に伴い、今年2月に再び受注を開始する。併せて実車展示も行う。

トミーカイラZZは、もともと1997年にガソリンエンジンを搭載するスポーツカーとして発売された。その後、京都大学発のベンチャー企業であるGLMが、同モデルをEV化して復活させると発表し、2013年春に量産仕様が公開された。
主要諸元は、全長×全幅×全高=3870×1740×1140mm、最高出力:305ps、最大トルク:42.3kgm(415Nm)、車重:850kg、0-100km/h加速:3.9秒、走行可能距離:120km(カスタマイズ可能)。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る