「BMW 4シリーズ」に新しいエントリーグレード

2014.01.29 自動車ニュース
「BMW 420iクーペ スポーツ」
「BMW 420iクーペ スポーツ」

「BMW 4シリーズ」に新しいエントリーグレードが登場

BMWジャパンは2014年1月28日、2ドアクーペ「BMW 4シリーズ」に新グレードの「BMW 420iクーペ」を追加設定し、販売を開始した。

「420iクーペ Mスポーツ」
「420iクーペ Mスポーツ」
「420iクーペ ラグジュアリー」
「420iクーペ ラグジュアリー」

BMW 420iクーペは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1250-4500rpmの2リッター直4ターボエンジンを搭載した、4シリーズのエントリーグレードである。

トランスミッションは8段ATのみの設定で、アイドリングストップ機構や「ECO PROモード」を備えた可変制御機構「ドラインビング・パフォーマンス・コントロール」の採用などにより、16.4km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。

装備も充実しており、車速感応式パワーステアリング「サーボトロニック」や純正HDDナビゲーションシステム、電動フロントシートなどを標準で採用。車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、エマージェンシーブレーキからなる「ドライビングアシスト」も標準装備している。

価格は「420iクーペ スポーツ」が497万円、「420iクーぺ Mスポーツ」が517万円、「420iクーペ ラグジュアリー」が519万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
  • BMW M140i(FR/8AT)【試乗記】 2016.12.20 試乗記 実用的な5ドアハッチバックのボディーに、340psの直6ターボエンジンを搭載した「BMW M140i」。ベーシックモデルの2倍の排気量から、2.5倍のパワーを発生するハイパフォーマンスモデルは、刺激と同時に懐の深さも持ち合わせていた。
ホームへ戻る