「BMW 4シリーズ」に新しいエントリーグレード

2014.01.29 自動車ニュース
「BMW 420iクーペ スポーツ」
「BMW 420iクーペ スポーツ」

「BMW 4シリーズ」に新しいエントリーグレードが登場

BMWジャパンは2014年1月28日、2ドアクーペ「BMW 4シリーズ」に新グレードの「BMW 420iクーペ」を追加設定し、販売を開始した。

「420iクーペ Mスポーツ」
「420iクーペ Mスポーツ」
「420iクーペ ラグジュアリー」
「420iクーペ ラグジュアリー」

BMW 420iクーペは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1250-4500rpmの2リッター直4ターボエンジンを搭載した、4シリーズのエントリーグレードである。

トランスミッションは8段ATのみの設定で、アイドリングストップ機構や「ECO PROモード」を備えた可変制御機構「ドラインビング・パフォーマンス・コントロール」の採用などにより、16.4km/リッター(JC08モード)の燃費を実現している。

装備も充実しており、車速感応式パワーステアリング「サーボトロニック」や純正HDDナビゲーションシステム、電動フロントシートなどを標準で採用。車線逸脱警告システムや前車接近警告機能、エマージェンシーブレーキからなる「ドライビングアシスト」も標準装備している。

価格は「420iクーペ スポーツ」が497万円、「420iクーぺ Mスポーツ」が517万円、「420iクーペ ラグジュアリー」が519万円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW M2クーペ(FR/7AT)【試乗記】 2016.6.10 試乗記 最もコンパクトなBMW Mモデルとなる「M2クーペ」に試乗。その引き締まったボディーと、3リッターの直6ターボエンジンが織り成す走りは、われわれがBMWと聞いて期待するスポーティーさにあふれていた。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る