ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入

2014.01.30 自動車ニュース
「ポルシェ911タルガ4S」
「ポルシェ911タルガ4S」

ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入

ポルシェ ジャパンは2014年1月29日、新型「911タルガ4」「911タルガ4S」の予約受付を同年2月1日に開始すると発表した。

「911タルガ4」
「911タルガ4」

ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入の画像

ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入の画像

新型の911タルガは、サイドに回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーなど、初代タルガをほうふつとさせるデザインが特徴となっている。ルーフはボタンひとつで開閉が可能で、オープン時にはリアシートの後方に格納される。

グレードは「911タルガ4」「911タルガ4S」の2種類で、いずれもトランスミッションにはデュアルクラッチ式ATの7段PDKを、駆動方式には4WDを採用。4WDシステムにはタルガ専用に開発された「ポルシェ・トラクション・マネジメント(PTM)」を標準装備しており、あらゆる天候や路面状況でも最適なドライビングダイナミクスを発揮できるという。

パワーユニットについては、911タルガ4は350psを発生する3.4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、「スポーツクロノパッケージ」装着車では0-100km/h加速4.8 秒、最高速度282km/hという動力性能を実現。燃費はNEDC(新ヨーロッパ走行サイクル)測定値で8.7リッター/100km(約11.5km/リッター)となっている。

一方、911タルガ4Sは最高出力400psの3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。「スポーツクロノパッケージ」を装備した場合、0-100km/h加速は4.4秒、最高速度は296km/hという動力性能を発揮する。燃費はNEDC測定値で9.2リッター/100km(約10.9km/リッター)となる。

価格は911タルガ4が1500万円、911タルガ4Sが1800万円(ともに8%の消費税を含む)。いずれも右ハンドル仕様と左ハンドル仕様の両方が用意されている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911タルガの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • 充実装備が特徴の「ポルシェ・カイエンSプラチナエディション」登場 2017.2.3 自動車ニュース 「ポルシェ・カイエン」に充実した装備と特別な内外装の仕様が特徴の新グレード「カイエンSプラチナエディション」が登場。21インチのアルミホイールやアルカンターラとレザーのコンビシートなどが標準装備される。
ホームへ戻る