ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入

2014.01.30 自動車ニュース
「ポルシェ911タルガ4S」
「ポルシェ911タルガ4S」

ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入

ポルシェ ジャパンは2014年1月29日、新型「911タルガ4」「911タルガ4S」の予約受付を同年2月1日に開始すると発表した。

「911タルガ4」
「911タルガ4」

ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入の画像

ポルシェが新型「911タルガ」を日本に導入の画像

新型の911タルガは、サイドに回り込んだリアウィンドウやワイドなBピラーなど、初代タルガをほうふつとさせるデザインが特徴となっている。ルーフはボタンひとつで開閉が可能で、オープン時にはリアシートの後方に格納される。

グレードは「911タルガ4」「911タルガ4S」の2種類で、いずれもトランスミッションにはデュアルクラッチ式ATの7段PDKを、駆動方式には4WDを採用。4WDシステムにはタルガ専用に開発された「ポルシェ・トラクション・マネジメント(PTM)」を標準装備しており、あらゆる天候や路面状況でも最適なドライビングダイナミクスを発揮できるという。

パワーユニットについては、911タルガ4は350psを発生する3.4リッター水平対向6気筒エンジンを搭載しており、「スポーツクロノパッケージ」装着車では0-100km/h加速4.8 秒、最高速度282km/hという動力性能を実現。燃費はNEDC(新ヨーロッパ走行サイクル)測定値で8.7リッター/100km(約11.5km/リッター)となっている。

一方、911タルガ4Sは最高出力400psの3.8リッター水平対向6気筒エンジンを搭載。「スポーツクロノパッケージ」を装備した場合、0-100km/h加速は4.4秒、最高速度は296km/hという動力性能を発揮する。燃費はNEDC測定値で9.2リッター/100km(約10.9km/リッター)となる。

価格は911タルガ4が1500万円、911タルガ4Sが1800万円(ともに8%の消費税を含む)。いずれも右ハンドル仕様と左ハンドル仕様の両方が用意されている。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・ボクスター スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2016.3.12 試乗記 ポルシェのミドシップオープンモデル「ボクスター」に、高出力エンジンの採用と軽量化によってパフォーマンスを向上させた「ボクスター スパイダー」が登場。“自然吸気ボクスター”のフィナーレを飾る高性能モデルの実力に触れた。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ポルシェ718ボクスター(MR/6MT)【試乗記】 2016.9.21 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンが採用された、ポルシェの2シーターオープン「718ボクスター」に試乗。自然吸気の2.7リッター6気筒エンジンを搭載した従来モデルとの違いを含め、走りや乗り心地の印象を報告する。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • ポルシェ・ボクスターGTS(MR/7AT)【試乗記】 2015.1.19 試乗記 シリーズ随一のハイパフォーマンスを誇る、オープンスポーツカー「ボクスターGTS」。実際の走りは、どうだった? 燃費もあわせて報告する。
ホームへ戻る