「水野和敏的視点」 vol.34 「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”」

2014.01.31 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.34 「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”」

R35型「日産GT-R」の生みの親であり、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は、国内専用モデルとして再スタートを切った元祖プレミアムSUV「トヨタ・ハリアー」に試乗する。


「水野和敏的視点」 vol.34 「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”」 の画像

「水野和敏的視点」 vol.34 「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”」 の画像

「水野和敏的視点」 vol.34 「トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”」 の画像
トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4720×1835×1690mm/ホイールベース:2660mm/車重:1640kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:151ps/6100rpm/最大トルク:19.7kgm/3800rpm/タイヤ:(前)235/55R18 (後)235/55R18/価格:360万円

トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4720×1835×1690mm/ホイールベース:2660mm/車重:1640kg/駆動方式:FF/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:151ps/6100rpm/最大トルク:19.7kgm/3800rpm/タイヤ:(前)235/55R18 (後)235/55R18/価格:360万円

■「RAV4」プラス「リンカーンMKX」?

今回は「トヨタ・ハリアー」を取り上げます。昨年11月に発表された3代目ハリアーですが、フルモデルチェンジを機にレクサスブランドとの共用から切り離され、国内専用モデルとなりました。

ニューハリアーの動力系は、2リッター直4ガソリンモデルと、2.5リッター直4ガソリンとモーターを組み合わせるハイブリッドモデルの2種類。テスト用には、ガソリンモデルのFF車が用意されました。「プレミアム“アドバンストパッケージ”」と呼ばれる装備をおごった上級グレードで、“素”の状態の車両価格は360万円です。

さて、新型ハリアーを遠目で眺めてみると、「ショートホイールベースにデカっ鼻」という印象ですね。300万円級の車格感を出そうとしているのはわかるのですが、特に造形代として使われるフロントオーバーハングの長さが気になります。
少々嫌みな言い方をすると、「トヨタRAV4」のボディーに「リンカーンMKX」調のノーズをくっつけた感じ。おそらく開発中に、デザインスタジオに置いて2~3m離れて見ると、「質感があっていいね」ということになるのでしょうが、いざ屋外に持ち出して10m離れて眺めてみれば印象は変わります。全体のバランスが崩れてしまっています。RAV4との販売価格差のデザイン表現という意図はわかりますが……。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介NEW 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る