ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)

ルノーは10年先を行く 2014.02.04 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。

都会での冒険に似合うクルマ

これは、冒険のクルマである。ルノーの新しいデザイン戦略の中で示されたロードマップでは、2番目のライフステージである“Explore”に向けられたモデルなのだ。恋に落ちたふたりが世界をめぐる冒険に出かけるためのクルマが「ルノー・キャプチャー」だというわけである。最初の“Love”は「デジール」が担っていて、筋としてはまずはそこで誰かと出会わなければならない。デジールはコンセプトカーだから販売していないので、出会いに関しては「ルーテシア」が担当しているようだ。

コンパクトクロスオーバーというカテゴリーに属すクルマで、冒険というキーワードはそこから来ているのだろう。ヨーロッパではモノスペースがシェアを減らしているのと反比例して、このジャンルが勢いを増しているのだという。長らく「日産ジューク」が首位の座を守ってきたが、このキャプチャーが急追しているらしい。「プジョー2008」も登場することだし、このところBセグメントのSUVが活気を呈してきているのだ。

試乗に出かける前に撮影場所として強力にレコメンドされたのは、渋谷に最近できたスタイリッシュなビルの敷地だった。このクルマの都会的なイメージをアピールするための提案だったようだが、時間の都合で都心部に向かうことを諦めた。大いに反省している。冒険をテーマに掲げながらも、このクルマに荒れ地や岩山が似合うとは思えない。心の中では未知なる場所へのあこがれを抱きつつも、実際にキャプチャーが走って似合うのは都会だろう。泥にまみれた姿など、想像したくない。

「冒険の旅に出る」をテーマにデザインされたコンセプトカー「キャプチャー」。その市販モデルが今回の「ルノー・キャプチャー」。
「冒険の旅に出る」をテーマにデザインされたコンセプトカー「キャプチャー」。その市販モデルが今回の「ルノー・キャプチャー」。
新型「ルーテシア」と同様に、フロントグリルに大きく立てて取り付けられたブランドロゴが目を引く。
新型「ルーテシア」と同様に、フロントグリルに大きく立てて取り付けられたブランドロゴが目を引く。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm。「ルーテシア」よりも長さと幅が30mm、高さが120mm、それぞれ大きい。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm。「ルーテシア」よりも長さと幅が30mm、高さが120mm、それぞれ大きい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その22) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。ルノーのブースを画像で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る