ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)

ルノーは10年先を行く 2014.02.04 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。

都会での冒険に似合うクルマ

これは、冒険のクルマである。ルノーの新しいデザイン戦略の中で示されたロードマップでは、2番目のライフステージである“Explore”に向けられたモデルなのだ。恋に落ちたふたりが世界をめぐる冒険に出かけるためのクルマが「ルノー・キャプチャー」だというわけである。最初の“Love”は「デジール」が担っていて、筋としてはまずはそこで誰かと出会わなければならない。デジールはコンセプトカーだから販売していないので、出会いに関しては「ルーテシア」が担当しているようだ。

コンパクトクロスオーバーというカテゴリーに属すクルマで、冒険というキーワードはそこから来ているのだろう。ヨーロッパではモノスペースがシェアを減らしているのと反比例して、このジャンルが勢いを増しているのだという。長らく「日産ジューク」が首位の座を守ってきたが、このキャプチャーが急追しているらしい。「プジョー2008」も登場することだし、このところBセグメントのSUVが活気を呈してきているのだ。

試乗に出かける前に撮影場所として強力にレコメンドされたのは、渋谷に最近できたスタイリッシュなビルの敷地だった。このクルマの都会的なイメージをアピールするための提案だったようだが、時間の都合で都心部に向かうことを諦めた。大いに反省している。冒険をテーマに掲げながらも、このクルマに荒れ地や岩山が似合うとは思えない。心の中では未知なる場所へのあこがれを抱きつつも、実際にキャプチャーが走って似合うのは都会だろう。泥にまみれた姿など、想像したくない。

「冒険の旅に出る」をテーマにデザインされたコンセプトカー「キャプチャー」。その市販モデルが今回の「ルノー・キャプチャー」。
「冒険の旅に出る」をテーマにデザインされたコンセプトカー「キャプチャー」。その市販モデルが今回の「ルノー・キャプチャー」。
新型「ルーテシア」と同様に、フロントグリルに大きく立てて取り付けられたブランドロゴが目を引く。
新型「ルーテシア」と同様に、フロントグリルに大きく立てて取り付けられたブランドロゴが目を引く。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm。「ルーテシア」よりも長さと幅が30mm、高さが120mm、それぞれ大きい。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4125×1780×1565mm。「ルーテシア」よりも長さと幅が30mm、高さが120mm、それぞれ大きい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

キャプチャーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・キャプチャー インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.4 試乗記 ルノー期待の新型クロスオーバー「キャプチャー」が日本上陸。「Explore(冒険の旅に出る)」をイメージして開発されたニューモデルの、走りと使い勝手を試した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場 2017.1.6 自動車ニュース 「ルノー・トゥインゴ」に新グレード「ゼン」が登場。装備を簡素化して価格を抑えたエントリーグレードで、パワープラントには0.9リッターターボ+6段EDCに加え、1リッター自然吸気+5段MTの組み合わせも用意される。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る