新型「レガシィ」が間もなくデビュー

2014.01.31 自動車ニュース
今回新たに公開された、新型「レガシィ」のイメージ画像。
今回新たに公開された、新型「レガシィ」のイメージ画像。

新型「レガシィ」、2014年2月に北米でデビュー

富士重工業は2014年1月30日、同年2月6日のプレスデイを皮切りにアメリカ・シカゴで開催される「シカゴオートショー」に、「スバル・レガシィ」(米国仕様車)の新型を出展すると発表した。

こちらは、2013年11月のロサンゼルスオートショーに出展された「レガシィ コンセプト」。(以下4点同じ)
こちらは、2013年11月のロサンゼルスオートショーに出展された「レガシィ コンセプト」。(以下4点同じ)

新型「レガシィ」が間もなくデビューの画像

新型「レガシィ」が間もなくデビューの画像

新型「レガシィ」が間もなくデビューの画像

レガシィは、今年で誕生から25年を迎える、スバルの基幹モデル。その新型は、「走行性能や居住性・視界等の機能を高めつつ、フラッグシップモデルに求められるデザインや質感を備えたミッドサイズスポーツセダン」(プレスリリース)とされている。

現時点ではまだシルエットしか示されていないものの、シカゴオートショーで世界初公開される実車のスタイリングは、2013年11月のロサンゼルスオートショーで見られた「レガシィ コンセプト」のデザインをより具体化したものになるという。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
ホームへ戻る