新型「レガシィ」が間もなくデビュー

2014.01.31 自動車ニュース
今回新たに公開された、新型「レガシィ」のイメージ画像。
今回新たに公開された、新型「レガシィ」のイメージ画像。

新型「レガシィ」、2014年2月に北米でデビュー

富士重工業は2014年1月30日、同年2月6日のプレスデイを皮切りにアメリカ・シカゴで開催される「シカゴオートショー」に、「スバル・レガシィ」(米国仕様車)の新型を出展すると発表した。

こちらは、2013年11月のロサンゼルスオートショーに出展された「レガシィ コンセプト」。(以下4点同じ)
こちらは、2013年11月のロサンゼルスオートショーに出展された「レガシィ コンセプト」。(以下4点同じ)

新型「レガシィ」が間もなくデビューの画像

新型「レガシィ」が間もなくデビューの画像

新型「レガシィ」が間もなくデビューの画像

レガシィは、今年で誕生から25年を迎える、スバルの基幹モデル。その新型は、「走行性能や居住性・視界等の機能を高めつつ、フラッグシップモデルに求められるデザインや質感を備えたミッドサイズスポーツセダン」(プレスリリース)とされている。

現時点ではまだシルエットしか示されていないものの、シカゴオートショーで世界初公開される実車のスタイリングは、2013年11月のロサンゼルスオートショーで見られた「レガシィ コンセプト」のデザインをより具体化したものになるという。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • スバル、新型「インプレッサG4/スポーツ」を発表 2016.10.13 自動車ニュース スバルが5代目となる新型「インプレッサ」を発表した。同車はスバル次世代製品群の第1弾に位置づけられているモデルで、新世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」により、高い安全性能と動的・静的質感を実現しているという。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る