オープンのジャガーFタイプに380psの新モデル

2014.01.31 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ S コンバーチブル」
「ジャガーFタイプ S コンバーチブル」

オープンの「ジャガーFタイプ」に380psの新モデル

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、2シーターのスポーツカー「ジャガーFタイプ」に、新モデル「Fタイプ S コンバーチブル」を追加設定し、2014年1月31日に発売した。

Fタイプ S コンバーチブルは、2013年5月に発売された3リッターV6モデル「Fタイプ コンバーチブル」(340ps、45.9kgm)、5リッターV8モデル「Fタイプ V8 S コンバーチブル」(495ps、63.7kgm)に加えて、新たに投入されるオープンモデル。

エンジンの種類はFタイプ コンバーチブルと同じスーパーチャージャー付きの3リッターV6ながら、セッティングの違いから、より大きな380psと46.9kgmを発生する。0-100km/hの加速タイムは4.9秒で、最高速度は275km/h(ともに英国仕様車)。
JC08モードの燃費値は10.6km/リッターで、Fタイプ V8 S コンバーチブル(同8.1km/リッター)はおろか、Fタイプ コンバーチブル(同9.8km/リッター)より優れるというのもミソである。

そのほか、機械式のリミテッド・スリップ・ディフレンシャルが標準装備されること、3モデルの中で唯一、最適な発進加速を実現するための「ダイナミック・ローンチ・モード」が与えられる点もセリングポイントだ。

また、これにあわせて、Fタイプ S コンバーチブルとFタイプ V8 S コンバーチブルを対象に、オプション「カーボンセラミックブレーキパック」が新たに設定された。
今回発売される3モデルはいずれも“2015年モデル”として扱われ、インテリアのカラーバリエーションも変更されている。

消費税5%を含む各車の価格は、以下の通り(カッコ内は8%の新消費税率予定価格)。
・Fタイプ コンバーチブル:950万円(977万円)
・Fタイプ S コンバーチブル:1150万円(1183万円)
・Fタイプ V8 S コンバーチブル:1250万円(1286万円)

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Fタイプ コンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ジャガーFタイプ R AWD(4WD/8AT)/Fタイプ S クーペ(FR/6MT)【海外試乗記】 2015.6.10 試乗記 ジャガーの2シータースポーツカー「Fタイプ」に、新たに4WDバージョンとMT仕様車が追加された。パワートレインの違いにより、その走りはどう変わったのか? アメリカ・ニューヨークで試乗した。
  • ジャガーFタイプ(FR/8AT)【試乗記】 2013.8.27 試乗記 ジャガーが半世紀ぶりに市場投入したピュアスポーツカー「Fタイプ」。過去の名車に思いをはせながら、その魅力を味わった。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ジャガーFタイプ R AWD クーペ (4WD/8AT)【試乗記】 2016.2.26 試乗記 最高出力550psを発生する過給機付き5リッターV8エンジンと、フルタイム4WDを組み合わせた「ジャガーFタイプ R AWD クーペ」に試乗。Fタイプシリーズの中でも屈指の高性能モデルの走りと、その端々に宿るジャガーならではの魅力を報告する。
ホームへ戻る