スバル・レヴォーグ 開発者インタビュー

日本のベストを目指して 2014.02.03 試乗記 富士重工業
スバル商品企画本部
プロジェクトゼネラルマネージャー
熊谷泰典(くまがい やすのり)さん

国内専用のニューモデルとして2014年春に市場投入される、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。その誕生の背景は、どのようなものだったのか? 開発責任者に話を聞いた。

カタチあっての、このサイズ

鮮烈なデビューを飾った「スバル・レヴォーグ」。走る技術の卓越ぶりはスバルならではだが、これまでとは違う存在感も際立つ。富士重工のクルマ作りが大きな曲がり角に差しかかったとすれば、見逃せないのは商品企画。そこで開発の責任者である熊谷泰典さんを直撃、“何がどうしてどうなったのか”聞いてみた。

――新しいレヴォーグは「国内専用モデル」といわれてますが、どのあたりが“国内専用”なんですか?

みなさんは車体のダウンサイズを話題にしてくれますけれど、実はもっと広い意味で、「国内のお客さまが何を求めておられるのか、それにスバルが応えることができていたかを全面的に見直した」というのが基本。そこに力を集中したという点で“国内専用”なんです。

――そうはいっても、納得しにくいのがボディーの寸法。たしかに全長は短縮されましたが、全幅が1780mmもあるなんて、とても日本向けに見えませんが?

たしかに、その点では小さいとは言えないかもしれませんね。ただ、お客さまの声を集めてみると、広い室内スペースのために現行「レガシィ(ツーリングワゴン)」くらいの全幅があるのは受け入れられるけど、フェンダーフレアが張り出した「アウトバック」はどうも……という傾向があります。そのあたりに正解があるのかな、と。

――違うんじゃないですか? 「インプレッサ」がだんだん大きくなってきた結果、レガシィとの板挟みで、この全幅しか選べなかったようにも見えますが。

大切だったのはデザインなんです。これまでのスバルって「側面がペタッと平らに見える」と言われたことが多かったでしょ。「あまり色気がない」とかね。今のレガシィも「箱っぽい」という声があります。そのぶん凝縮感も濃いんですが。そこに“豊かさ”とか“厚み感”を持たせたかった。
しかし、それは、5ナンバー(全幅1700mm以下)じゃ無理っぽい。だからといって、1800mmを超えると広すぎる。まあ、駐車スペースの関係で1750mmが限度というお客さまもいらっしゃるけれど、いろいろ調べてみて、どうやら1780mmあたりでギリギリ妥協できそうだと選んだわけです。

2014年春の発売が予定される、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」。写真はプレス向け試乗会における、1.6リッターモデルのプロトタイプ。


<プロフィール>
1983年、富士重工業に入社。初代「レガシィ」のバンパー設計などを経て、2005年から商品企画本部へ。現行型(5代目)レガシィの開発をとりまとめる。2012年1月からは「レヴォーグ」の開発責任者に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レヴォーグの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
  • スバル・レヴォーグ1.6STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.4 試乗記 「STI Sport」とは、STIとのコラボレーションによって走行性能と質感を高めた、「レヴォーグ」の最上級グレードのこと。170psと“実用的”なパワーを持つ1.6リッター仕様のステアリングを握り、その走りをじっくりと味わった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport(4WD/CVT)【試乗記】 2016.7.20 試乗記 「スバル・レヴォーグ」にSTI(スバルテクニカインターナショナル)が手がけた新グレード「STI Sport」が登場。“台数制限ナシ”で販売されるカタログモデルの「STI」の出来栄えと、そこに込められたスバルの思惑をリポートする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
ホームへ戻る