トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”(FF/CVT)

挑戦するパイオニア 2014.02.10 試乗記 国内専用モデルとして再スタートを切った元祖プレミアムSUV「トヨタ・ハリアー」。果たして、17年後の「ワイルド・バット・フォーマル」に新たな提案はあるのか? 最上級グレード「プレミアム“アドバンストパッケージ”」のガソリンエンジン搭載FF車に試乗した。

「プレミアムSUV」の源流

「彼の名はH.H. 彼の特徴を一言で伝えるのは、とても難しい」と、オサレなテレビCMで紹介される新型「トヨタ・ハリアー」。なんのことはない、彼は「ワイルド・バット・フォーマル」なヤツである。初代から変わらず。

いまをさかのぼること17年の、1997年。トヨタが、北米での基幹車種「カムリ」のシャシーにクロカン風ボディーを載せて売り出したのが、初代ライオン丸ことハリアーである。

タフでワイルドな見かけにして、ジェントルでフォーマルな乗り心地。押し出しがきいて、それでいて運転しやすい。これが、フロンティアスピリットを誇りつつ、実は安楽なことが大好きなアメリカ人に、バカ受け! 2代目に至っては、カナダに新工場をつくらなければ生産が追いつかないほど、売れに売れた。前後して、雨後のたけのこのごとく各自動車メーカーから、乗用車やトラックのシャシーを活用したSUVが登場し、さらにはクロスオーバーと呼ばれる新ジャンルが生み出され、ついにはジープやランドローバーまで“ハリアー化”されるのだから、その影響たるや、おそるべし。

そのわりに、エポックメイキングなモデルとしてことさら尊敬を集める風でもないのが、邦名ハリアー、北米「レクサスRX」の不思議なところ。やはり、テクノロジーというより、マーケティングとアイデアの勝利であったところが、世のクルマ好きの琴線に触れにくいのでありましょうか。いいクルマなんだけどね。

新型「ハリアー」の販売の立ち上がりは好調。発表後約1カ月で受注台数は約2万台に達したという。月販目標は2500台。
新型「ハリアー」の販売の立ち上がりは好調。発表後約1カ月で受注台数は約2万台に達したという。月販目標は2500台。
約2万台の受注の内訳は、ガソリン車が約1万2000台、ハイブリッド車が約8000台。
約2万台の受注の内訳は、ガソリン車が約1万2000台、ハイブリッド車が約8000台。
試乗車は、2リッターガソリンエンジン搭載のFF車。グレードは最上級の「プレミアム“アドバンストパッケージ”」で、車両本体価格は360万円。
試乗車は、2リッターガソリンエンジン搭載のFF車。グレードは最上級の「プレミアム“アドバンストパッケージ”」で、車両本体価格は360万円。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
ホームへ戻る