第224回:最新のポルシェが大集結
ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(前編)

2014.02.05 エディターから一言
最新のポルシェがずらりと並んだ試乗会場。
最新のポルシェがずらりと並んだ試乗会場。

総勢18台のポルシェが並んだ駐車場は壮観だった。
これを「どうぞご自由にお乗りください」というのだから、大盤振る舞いである。
これが普通のクルマだとしても、豪華な「バイキング食べ放題」なのに、目の前に並んでいるのは最新のポルシェなのだから、「ステーキ食べ放題」に「フォアグラ食べ放題」がくっついちゃったくらいのインパクトだ。
「さあ、どれから食べようかしら」と迷いながら、「ポルシェオールスターズ」の中から計8台に試乗した。

「911カレラ」
「911カレラ」
「911カレラ」といえば、このスポーティーなメーターパネル。目の前にするだけで気持ちに「スイッチ」が入ってしまう。
「911カレラ」といえば、このスポーティーなメーターパネル。目の前にするだけで気持ちに「スイッチ」が入ってしまう。

第224回:最新のポルシェが大集結ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(前編)の画像
【スペック】911カレラ:全長×全幅×全高=4500×1810×1305mm/ホイールベース=2450mm/車重=1410kg/駆動方式=RR/3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ(350ps/7400rpm、39.8kgm/5600rpm)/価格=1145万円/テスト車=1541万3000円(インテリアカラー<プラチナグレー>=57万2000円/PASMスポーツシャシー=43万9000円/スポーツクロノパッケージ=35万8000円/ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ=150万2000円/ポルシェ・トルク・ベクトリング=23万2000円/20インチ スポーツデザインホイール=31万6000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント左右>=8万3000円/エレクトリックコントロールスポーツシート=40万円)
【スペック】911カレラ:全長×全幅×全高=4500×1810×1305mm/ホイールベース=2450mm/車重=1410kg/駆動方式=RR/3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ(350ps/7400rpm、39.8kgm/5600rpm)/価格=1145万円/テスト車=1541万3000円(インテリアカラー<プラチナグレー>=57万2000円/PASMスポーツシャシー=43万9000円/スポーツクロノパッケージ=35万8000円/ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ=150万2000円/ポルシェ・トルク・ベクトリング=23万2000円/20インチ スポーツデザインホイール=31万6000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント左右>=8万3000円/エレクトリックコントロールスポーツシート=40万円)

ポルシェ911カレラ(RR/7MT)……価格=1145万円/テスト車=1541万3000円

最初に乗り込んだのは、「911カレラ」。頭の中ではメディア向けの試乗会だとわかっていても、「いつか万が一新車のポルシェを購入する機会に恵まれたなら」などというようなことを、ついつい想像してしまう。そんな私の「想像上の購入候補」筆頭が「カレラ」である。同意してくれる方も多いと思うが、私にとってポルシェといえば911で、911といえばカレラだ。

試乗車はポルシェ車の例に漏れず、これでもかというほどオプションがてんこ盛りで、その額およそ400万円。「素の911」というには装飾過多な気もするが、基本のキであるこのクルマにまずは試乗した。
ポルシェの運転席に座ると、ギュッと引き締まった気持ちにさせられる。

歌手がステージ衣装に袖を通す時は、きっとこんな気分なんじゃないだろうか。「よし、走るぞ」と、どこかのスイッチが入る感じは、911オーナーに話を聞くと、長年所有していても変わらないらしい。

その理由は、エンジンの性能とか、ボディー剛性の高さとか、サスペンションセッティングの良さとか、いろいろな理由があるのだろうけれど、いざ走りだすとそんな細かいことはどうでもよくなって、いつまでもこのみなぎる興奮に身をゆだねていたくなる。
やっぱりいいな、911は。

関連記事
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
  • レクサスLC500“Lパッケージ”/LC500h“Lパッケージ”【試乗記】 2017.5.4 試乗記 “製品化を前提としない”はずだったコンセプトカーの発表から5年。ほとんどそのままの姿で登場し、世間を驚かせた「レクサスLC」がいよいよ日本の公道を走る。新開発のFRプラットフォームや10段AT、マルチステージハイブリッドなどの技術を満載した、新世代のラグジュアリークーペの出来栄えは?
  • フェラーリGTC4ルッソ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.5.8 試乗記 ユニークなシューティングブレークボディーをまとう「フェラーリGTC4ルッソ」に試乗。6.3リッターV12エンジンが発する咆哮(ほうこう)に浴すれば、この異形のフェラーリが、正統派の系譜にあることがすぐに理解できるだろう。
  • ランボルギーニ・ウラカンRWDスパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2017.4.27 試乗記 「ランボルギーニ・ウラカン スパイダー」の後輪駆動モデル「ウラカンRWDスパイダー」に試乗した。前輪の駆動機構を捨てたことによって生まれた軽快感を、風とたわむれながら味わうこと。それこそが、このクルマの醍醐味(だいごみ)と言えそうだ。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • ニュルブルクリンクを走る新型「ホンダ・シビック タイプR」を写真で紹介 2017.4.24 画像・写真 ホンダが、ドイツ・ニュルブルクリンクの北コースで、新型「シビック タイプR」の走行テストを実施。FFモデルで最速となる7分43秒80のラップタイムを記録したと発表した。同コースを走るシビック タイプRの姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る