第224回:最新のポルシェが大集結
ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(前編)

2014.02.05 エッセイ
最新のポルシェがずらりと並んだ試乗会場。
最新のポルシェがずらりと並んだ試乗会場。

総勢18台のポルシェが並んだ駐車場は壮観だった。
これを「どうぞご自由にお乗りください」というのだから、大盤振る舞いである。
これが普通のクルマだとしても、豪華な「バイキング食べ放題」なのに、目の前に並んでいるのは最新のポルシェなのだから、「ステーキ食べ放題」に「フォアグラ食べ放題」がくっついちゃったくらいのインパクトだ。
「さあ、どれから食べようかしら」と迷いながら、「ポルシェオールスターズ」の中から計8台に試乗した。

「911カレラ」
「911カレラ」
「911カレラ」といえば、このスポーティーなメーターパネル。目の前にするだけで気持ちに「スイッチ」が入ってしまう。
「911カレラ」といえば、このスポーティーなメーターパネル。目の前にするだけで気持ちに「スイッチ」が入ってしまう。

第224回:最新のポルシェが大集結ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(前編)の画像
【スペック】911カレラ:全長×全幅×全高=4500×1810×1305mm/ホイールベース=2450mm/車重=1410kg/駆動方式=RR/3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ(350ps/7400rpm、39.8kgm/5600rpm)/価格=1145万円/テスト車=1541万3000円(インテリアカラー<プラチナグレー>=57万2000円/PASMスポーツシャシー=43万9000円/スポーツクロノパッケージ=35万8000円/ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ=150万2000円/ポルシェ・トルク・ベクトリング=23万2000円/20インチ スポーツデザインホイール=31万6000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント左右>=8万3000円/エレクトリックコントロールスポーツシート=40万円)
【スペック】911カレラ:全長×全幅×全高=4500×1810×1305mm/ホイールベース=2450mm/車重=1410kg/駆動方式=RR/3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ(350ps/7400rpm、39.8kgm/5600rpm)/価格=1145万円/テスト車=1541万3000円(インテリアカラー<プラチナグレー>=57万2000円/PASMスポーツシャシー=43万9000円/スポーツクロノパッケージ=35万8000円/ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ=150万2000円/ポルシェ・トルク・ベクトリング=23万2000円/20インチ スポーツデザインホイール=31万6000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント左右>=8万3000円/エレクトリックコントロールスポーツシート=40万円)

ポルシェ911カレラ(RR/7MT)……価格=1145万円/テスト車=1541万3000円

最初に乗り込んだのは、「911カレラ」。頭の中ではメディア向けの試乗会だとわかっていても、「いつか万が一新車のポルシェを購入する機会に恵まれたなら」などというようなことを、ついつい想像してしまう。そんな私の「想像上の購入候補」筆頭が「カレラ」である。同意してくれる方も多いと思うが、私にとってポルシェといえば911で、911といえばカレラだ。

試乗車はポルシェ車の例に漏れず、これでもかというほどオプションがてんこ盛りで、その額およそ400万円。「素の911」というには装飾過多な気もするが、基本のキであるこのクルマにまずは試乗した。
ポルシェの運転席に座ると、ギュッと引き締まった気持ちにさせられる。

歌手がステージ衣装に袖を通す時は、きっとこんな気分なんじゃないだろうか。「よし、走るぞ」と、どこかのスイッチが入る感じは、911オーナーに話を聞くと、長年所有していても変わらないらしい。

その理由は、エンジンの性能とか、ボディー剛性の高さとか、サスペンションセッティングの良さとか、いろいろな理由があるのだろうけれど、いざ走りだすとそんな細かいことはどうでもよくなって、いつまでもこのみなぎる興奮に身をゆだねていたくなる。
やっぱりいいな、911は。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る