第224回:最新のポルシェが大集結
ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(前編)

2014.02.05 エッセイ
最新のポルシェがずらりと並んだ試乗会場。
最新のポルシェがずらりと並んだ試乗会場。

総勢18台のポルシェが並んだ駐車場は壮観だった。
これを「どうぞご自由にお乗りください」というのだから、大盤振る舞いである。
これが普通のクルマだとしても、豪華な「バイキング食べ放題」なのに、目の前に並んでいるのは最新のポルシェなのだから、「ステーキ食べ放題」に「フォアグラ食べ放題」がくっついちゃったくらいのインパクトだ。
「さあ、どれから食べようかしら」と迷いながら、「ポルシェオールスターズ」の中から計8台に試乗した。

「911カレラ」
「911カレラ」
「911カレラ」といえば、このスポーティーなメーターパネル。目の前にするだけで気持ちに「スイッチ」が入ってしまう。
「911カレラ」といえば、このスポーティーなメーターパネル。目の前にするだけで気持ちに「スイッチ」が入ってしまう。

第224回:最新のポルシェが大集結ポルシェ フルモデルレンジ試乗会(前編)の画像
【スペック】911カレラ:全長×全幅×全高=4500×1810×1305mm/ホイールベース=2450mm/車重=1410kg/駆動方式=RR/3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ(350ps/7400rpm、39.8kgm/5600rpm)/価格=1145万円/テスト車=1541万3000円(インテリアカラー<プラチナグレー>=57万2000円/PASMスポーツシャシー=43万9000円/スポーツクロノパッケージ=35万8000円/ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ=150万2000円/ポルシェ・トルク・ベクトリング=23万2000円/20インチ スポーツデザインホイール=31万6000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント左右>=8万3000円/エレクトリックコントロールスポーツシート=40万円)
【スペック】911カレラ:全長×全幅×全高=4500×1810×1305mm/ホイールベース=2450mm/車重=1410kg/駆動方式=RR/3.4リッター水平対向6 DOHC 24バルブ(350ps/7400rpm、39.8kgm/5600rpm)/価格=1145万円/テスト車=1541万3000円(インテリアカラー<プラチナグレー>=57万2000円/PASMスポーツシャシー=43万9000円/スポーツクロノパッケージ=35万8000円/ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキ=150万2000円/ポルシェ・トルク・ベクトリング=23万2000円/20インチ スポーツデザインホイール=31万6000円/カラークレストホイールセンターキャップ=2万9000円/フロアマット=3万2000円/シートヒーター<フロント左右>=8万3000円/エレクトリックコントロールスポーツシート=40万円)

ポルシェ911カレラ(RR/7MT)……価格=1145万円/テスト車=1541万3000円

最初に乗り込んだのは、「911カレラ」。頭の中ではメディア向けの試乗会だとわかっていても、「いつか万が一新車のポルシェを購入する機会に恵まれたなら」などというようなことを、ついつい想像してしまう。そんな私の「想像上の購入候補」筆頭が「カレラ」である。同意してくれる方も多いと思うが、私にとってポルシェといえば911で、911といえばカレラだ。

試乗車はポルシェ車の例に漏れず、これでもかというほどオプションがてんこ盛りで、その額およそ400万円。「素の911」というには装飾過多な気もするが、基本のキであるこのクルマにまずは試乗した。
ポルシェの運転席に座ると、ギュッと引き締まった気持ちにさせられる。

歌手がステージ衣装に袖を通す時は、きっとこんな気分なんじゃないだろうか。「よし、走るぞ」と、どこかのスイッチが入る感じは、911オーナーに話を聞くと、長年所有していても変わらないらしい。

その理由は、エンジンの性能とか、ボディー剛性の高さとか、サスペンションセッティングの良さとか、いろいろな理由があるのだろうけれど、いざ走りだすとそんな細かいことはどうでもよくなって、いつまでもこのみなぎる興奮に身をゆだねていたくなる。
やっぱりいいな、911は。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ
関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る