BMWが「4シリーズ グランクーペ」を公開

2014.02.03 自動車ニュース
「BMW 4シリーズ グランクーペ」
「BMW 4シリーズ グランクーペ」

BMWが「4シリーズ グランクーペ」を公開

独BMWは2014年2月2日、「4シリーズ グランクーペ」の概要を発表した。

「4シリーズ クーペ」と同様に、サッシュレスドアを採用する。Cd値は0.274。
「4シリーズ クーペ」と同様に、サッシュレスドアを採用する。Cd値は0.274。
欧州仕様の場合、テールゲートには電動開閉機構が標準で備わる。
欧州仕様の場合、テールゲートには電動開閉機構が標準で備わる。
「4シリーズ グランクーペ」の室内。
「4シリーズ グランクーペ」の室内。

■テールゲートを備えた“4ドアクーペ”

4シリーズ グランクーペは、2ドアクーペとコンバーチブルに続く、4シリーズの3番目のバリエーション。ボディーには4枚のドアと荷室用のテールゲートが備わっており、クーペを思わせるスマートなスタイリングと高い実用性を両立させているのが特徴である。

ボディーサイズは全長4638×全幅1825×全高1389mm(欧州仕様のFR車)。全長と全幅は2ドアクーペと同値で、全高だけが12mm高い。また、ルーフパネルはクーペより後方に112mm延長されており、クーペ的なフォルムを維持しながら居住性を改善させている。

ラゲッジルームの容量はクーペより35リッター広い480リッター。リアシートを倒せば最大で1300リッターまで拡大することができる(容量はいずれもVDA法)。

モデルラインナップは、ガソリンが「435i」(3リッター直6ターボ:306ps)、「428i」(2リッター直4ターボ:245ps)、および「420i」(同:184ps)の3種類で、ディーゼルが「420d」(2リッター直4ターボ:184ps)と「418d」(同:143ps)の2種類。さらに2014年の夏には、直6ディーゼル搭載の「435d」と「430d」が加わる予定。

トランスミッションは、欧州では6段MTが標準で、8段ATはオプション扱いとなる。また、一部のモデルに4WDの「xDrive」が設定される。

(webCG)

→「BMW 4シリーズ グランクーペ」の写真はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

4シリーズ グランクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • BMW 100周年記念モデル、第11弾は「4シリーズ グランクーペ」 2016.10.24 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月24日、「BMW 4シリーズ グランクーペ」の特別仕様車「4シリーズ グランクーペ セレブレーションエディション インスタイル」を設定し、同年11月5日に発売すると発表した。200台限定販売で、価格は642万円。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
ホームへ戻る