ランドローバー・レンジローバー スポーツHSE(4WD/8AT)

別世界のSUV 2014.02.11 試乗記 2代目となった「レンジローバー スポーツ」に試乗。よりハンサムなルックスと、スポーツサルーンに比肩する走りを得た新型の魅力に触れた。

銀幕がよく似合う

現行「レインジ・ローバー」がテールコート(えんび服)だとしたら、新型「レインジ・ローバー・スポーツ」は、尻尾の部分を切り落としたタキシードでありましょう。あくまで比喩なので、少々のズレはあるとして、こういうのを毎日着る生活も、憧れる一方、『グレート・ギャツビー』の世界を思ってしまうとタイヘンでありましょう。レインジ・ローバーは、現代のギャツビー、超富裕層の世界に住んでいるクルマなのである。

8年ぶりに全面改良を受けた新型レインジ・ローバー(以下RR)スポーツは、2013年3月、ニューヨークでお披露目された。ダニエル・クレイグのドライブでステージに姿を現し、会場から拍手喝采を浴びた。私はランドローバーのサイトでビデオを見ただけですけど、ダニエル・クレイグはグレーのスーツ姿で、『ドラゴン・タトゥーの女』の無精ひげの新聞記者ではなくて、ジェームズ・ボンド風のいでたちだった。ランドローバー史上、最も高いダイナミック性能を持つとされる2代目RRスポーツはイギリスの諜報部員の秘密兵器! というイメージなのである!!(と、ここで「007のテーマ曲」入る)

2013年のニューヨークショーで世界初公開された2代目「レンジローバー スポーツ」。日本では同年の東京モーターショーで発表された。
2013年のニューヨークショーで世界初公開された2代目「レンジローバー スポーツ」。日本では同年の東京モーターショーで発表された。
インテリアのカラーバリエーションは豊富で、シートに加え、加飾パネルやルーフライニングにも複数の色が用意されている。
インテリアのカラーバリエーションは豊富で、シートに加え、加飾パネルやルーフライニングにも複数の色が用意されている。

ランドローバー・レンジローバー スポーツHSE(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • フォルクスワーゲン・ティグアンTSIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.9 試乗記 フォルクスワーゲンの新型「ティグアン」に試乗。同社の生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用したティグアンは、どのモデルよりも「ゴルフ」を思わせる、折り目正しいクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る