ランドローバー・レンジローバー スポーツHSE(4WD/8AT)

別世界のSUV 2014.02.11 試乗記 2代目となった「レンジローバー スポーツ」に試乗。よりハンサムなルックスと、スポーツサルーンに比肩する走りを得た新型の魅力に触れた。

銀幕がよく似合う

現行「レインジ・ローバー」がテールコート(えんび服)だとしたら、新型「レインジ・ローバー・スポーツ」は、尻尾の部分を切り落としたタキシードでありましょう。あくまで比喩なので、少々のズレはあるとして、こういうのを毎日着る生活も、憧れる一方、『グレート・ギャツビー』の世界を思ってしまうとタイヘンでありましょう。レインジ・ローバーは、現代のギャツビー、超富裕層の世界に住んでいるクルマなのである。

8年ぶりに全面改良を受けた新型レインジ・ローバー(以下RR)スポーツは、2013年3月、ニューヨークでお披露目された。ダニエル・クレイグのドライブでステージに姿を現し、会場から拍手喝采を浴びた。私はランドローバーのサイトでビデオを見ただけですけど、ダニエル・クレイグはグレーのスーツ姿で、『ドラゴン・タトゥーの女』の無精ひげの新聞記者ではなくて、ジェームズ・ボンド風のいでたちだった。ランドローバー史上、最も高いダイナミック性能を持つとされる2代目RRスポーツはイギリスの諜報部員の秘密兵器! というイメージなのである!!(と、ここで「007のテーマ曲」入る)

2013年のニューヨークショーで世界初公開された2代目「レンジローバー スポーツ」。日本では同年の東京モーターショーで発表された。
2013年のニューヨークショーで世界初公開された2代目「レンジローバー スポーツ」。日本では同年の東京モーターショーで発表された。
インテリアのカラーバリエーションは豊富で、シートに加え、加飾パネルやルーフライニングにも複数の色が用意されている。
インテリアのカラーバリエーションは豊富で、シートに加え、加飾パネルやルーフライニングにも複数の色が用意されている。

ランドローバー・レンジローバー スポーツHSE(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】NEW 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
ホームへ戻る