ランドローバー・レンジローバー スポーツHSE(4WD/8AT)

別世界のSUV 2014.02.11 試乗記 2代目となった「レンジローバー スポーツ」に試乗。よりハンサムなルックスと、スポーツサルーンに比肩する走りを得た新型の魅力に触れた。

銀幕がよく似合う

現行「レインジ・ローバー」がテールコート(えんび服)だとしたら、新型「レインジ・ローバー・スポーツ」は、尻尾の部分を切り落としたタキシードでありましょう。あくまで比喩なので、少々のズレはあるとして、こういうのを毎日着る生活も、憧れる一方、『グレート・ギャツビー』の世界を思ってしまうとタイヘンでありましょう。レインジ・ローバーは、現代のギャツビー、超富裕層の世界に住んでいるクルマなのである。

8年ぶりに全面改良を受けた新型レインジ・ローバー(以下RR)スポーツは、2013年3月、ニューヨークでお披露目された。ダニエル・クレイグのドライブでステージに姿を現し、会場から拍手喝采を浴びた。私はランドローバーのサイトでビデオを見ただけですけど、ダニエル・クレイグはグレーのスーツ姿で、『ドラゴン・タトゥーの女』の無精ひげの新聞記者ではなくて、ジェームズ・ボンド風のいでたちだった。ランドローバー史上、最も高いダイナミック性能を持つとされる2代目RRスポーツはイギリスの諜報部員の秘密兵器! というイメージなのである!!(と、ここで「007のテーマ曲」入る)

2013年のニューヨークショーで世界初公開された2代目「レンジローバー スポーツ」。日本では同年の東京モーターショーで発表された。
2013年のニューヨークショーで世界初公開された2代目「レンジローバー スポーツ」。日本では同年の東京モーターショーで発表された。
インテリアのカラーバリエーションは豊富で、シートに加え、加飾パネルやルーフライニングにも複数の色が用意されている。
インテリアのカラーバリエーションは豊富で、シートに加え、加飾パネルやルーフライニングにも複数の色が用意されている。

ランドローバー・レンジローバー スポーツHSE(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバー スポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】NEW 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る