つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場

2014.02.04 自動車ニュース
「シトロエンDS3レーシング マットゴールド」
「シトロエンDS3レーシング マットゴールド」
    拡大

マットカラーの「シトロエンDS3レーシング」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月4日、「シトロエンDS3」に専用のチューニングを施した「DS3レーシング マットゴールド」を、20台の台数限定で発売した。


つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場の画像 拡大

つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場の画像 拡大
(写真は欧州仕様の左ハンドル車)
(写真は欧州仕様の左ハンドル車)
    拡大

DS3レーシング マットゴールドは、WRCなどで活躍するシトロエンのモータースポーツ部門、シトロエン・レーシングが手掛けた限定車であり、2011年9月に登場した「DS3レーシング」の第2弾モデルとなる。

最大の特徴はシトロエンとしては今回が日本初導入となるマットカラーにあり、ボディーにはマットブラックを、ルーフやフロントグリル、18インチアロイホイール、ダッシュボードなどにはマットゴールドを採用。また内外装の各所にカーボンパーツをあしらっている。

エンジンはターボチャージャーやコントロールユニット、エキゾーストなどに専用のチューニングを施した1.6リッター直4ツインスクロールターボを搭載しており、最高出力は「DS3」を33%上回る207psを、最大トルクは15%上回る28.0kgmを発生する。一方、足まわりでは車高を10mmローダウンするとともにトレッドを30mm拡大。専用のダンパーとスプリングを備えている。

ブレーキも強化しており、フロントには「Citroën Racing」のロゴ入り4ピストンキャリパーと大径ディスクローターを装備している。

ハンドル位置は右、トランスミッションは6段MTのみの設定。価格は380万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
DS3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • シトロエン、「C3」に装備追加し価格をアップ 2018.3.22 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年3月22日、コンパクトハッチバック「シトロエンC3」の標準装備を強化し、販売を開始した。価格は「フィール」が従来から3万円アップの219万円、「シャイン」が同じく4万円アップの243万円。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT) 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。
  • 「シトロエンDS 60周年ミーティング」の会場から 2015.5.1 画像・写真 2015年4月26日、静岡県掛川市のヤマハリゾートつま恋で「シトロエンDS 60周年ミーティング」が開かれた。1955年のパリサロンで「DS」が衝撃的なデビューを飾ってから、今年でちょうど60年。それを記念してオーナー有志が企画したのがこのミーティングで、当日は27台のDSシリーズが集まった。シトロエンの記念ミーティングを写真で紹介する。
ホームへ戻る