つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場

2014.02.04 自動車ニュース
「シトロエンDS3レーシング マットゴールド」
「シトロエンDS3レーシング マットゴールド」

マットカラーの「シトロエンDS3レーシング」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月4日、「シトロエンDS3」に専用のチューニングを施した「DS3レーシング マットゴールド」を、20台の台数限定で発売した。


つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場の画像

つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場の画像
(写真は欧州仕様の左ハンドル車)
(写真は欧州仕様の左ハンドル車)

DS3レーシング マットゴールドは、WRCなどで活躍するシトロエンのモータースポーツ部門、シトロエン・レーシングが手掛けた限定車であり、2011年9月に登場した「DS3レーシング」の第2弾モデルとなる。

最大の特徴はシトロエンとしては今回が日本初導入となるマットカラーにあり、ボディーにはマットブラックを、ルーフやフロントグリル、18インチアロイホイール、ダッシュボードなどにはマットゴールドを採用。また内外装の各所にカーボンパーツをあしらっている。

エンジンはターボチャージャーやコントロールユニット、エキゾーストなどに専用のチューニングを施した1.6リッター直4ツインスクロールターボを搭載しており、最高出力は「DS3」を33%上回る207psを、最大トルクは15%上回る28.0kgmを発生する。一方、足まわりでは車高を10mmローダウンするとともにトレッドを30mm拡大。専用のダンパーとスプリングを備えている。

ブレーキも強化しており、フロントには「Citroën Racing」のロゴ入り4ピストンキャリパーと大径ディスクローターを装備している。

ハンドル位置は右、トランスミッションは6段MTのみの設定。価格は380万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

DS3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT) 2013.11.19 試乗記 個性的なスタイリングと活発な走りで、ユニークな存在感を放っている「シトロエンDS3」。空を味方につけて、その魅力はどう変わったのだろうか。真っ赤な「シトロエンDS3カブリオ スポーツシック」で秋の箱根を行く。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • シトロエンDS3カブリオ スポーツシック(FF/6MT)【試乗記】 2013.10.6 試乗記 シトロエンのプレミアムコンパクト「DS3」に、セミオープンの「DS3カブリオ」が登場。ボディーの随所に散りばめられた、ダブルシェブロンの魅力とアイデンティティーに触れた。
  • BMW、「120i」と「220iクーペ」に新世代エンジンを搭載 2016.11.30 自動車ニュース BMWジャパンは2016年11月30日、「BMW 120i」と「BMW 220iクーペ」に新エンジンを搭載し、販売を開始した。今回、搭載された2リッター直4ガソリンターボエンジンは、最高出力184ps/5000rpm、最大トルク27.5kgm/1350-4600rpmを発生する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る