つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場

2014.02.04 自動車ニュース
「シトロエンDS3レーシング マットゴールド」
「シトロエンDS3レーシング マットゴールド」

マットカラーの「シトロエンDS3レーシング」登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月4日、「シトロエンDS3」に専用のチューニングを施した「DS3レーシング マットゴールド」を、20台の台数限定で発売した。


つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場の画像

つや消しの「シトロエンDS3レーシング」が登場の画像
(写真は欧州仕様の左ハンドル車)
(写真は欧州仕様の左ハンドル車)

DS3レーシング マットゴールドは、WRCなどで活躍するシトロエンのモータースポーツ部門、シトロエン・レーシングが手掛けた限定車であり、2011年9月に登場した「DS3レーシング」の第2弾モデルとなる。

最大の特徴はシトロエンとしては今回が日本初導入となるマットカラーにあり、ボディーにはマットブラックを、ルーフやフロントグリル、18インチアロイホイール、ダッシュボードなどにはマットゴールドを採用。また内外装の各所にカーボンパーツをあしらっている。

エンジンはターボチャージャーやコントロールユニット、エキゾーストなどに専用のチューニングを施した1.6リッター直4ツインスクロールターボを搭載しており、最高出力は「DS3」を33%上回る207psを、最大トルクは15%上回る28.0kgmを発生する。一方、足まわりでは車高を10mmローダウンするとともにトレッドを30mm拡大。専用のダンパーとスプリングを備えている。

ブレーキも強化しており、フロントには「Citroën Racing」のロゴ入り4ピストンキャリパーと大径ディスクローターを装備している。

ハンドル位置は右、トランスミッションは6段MTのみの設定。価格は380万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
DS3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
ホームへ戻る