「アウディA6」に2リッターFFの新グレード

2014.02.04 自動車ニュース
「アウディA6」
「アウディA6」

「アウディA6」に2リッターFFの新グレード登場

アウディ ジャパンは2014年2月4日、「A6」シリーズに「A6 2.0 TFSI」「A6アバント2.0 TFSI」を追加設定し、販売を開始した。

 

今回の2.0 TFSIは「A6」「A6アバント」の新たなエントリーグレードで、2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載。トランスミッションはCVTが組み合わされる。燃費は、アイドリングストップ機構などの採用により14.8km/リッター(JC08モード)を達成している。

LEDポジショニングランプ付きバイキセノンヘッドライトを標準で備えるなど、エントリーグレードでありながらも装備は充実。マルチメディアインターフェイスの「MMI」や、BOSEサラウンドサウンドシステム、ウォールナットウッドのデコラティブパネル、インテリアアンビエンスライト、アドバンストキーシステム、専用の17インチアルミホイールなども標準装備となる。また、オプションでLEDヘッドライトや、安全運転支援システムの「アウディプレセンスパッケージ」も用意される。

ハンドル位置は右、駆動方式はFFのみの設定。価格はA6 2.0 TFSIが580万円、A6アバント2.0 TFSIが610万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
A6A6アバントアウディ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.11 試乗記 アウディから、最高出力450ps、最大トルク600Nmの高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が登場。最新のV6ツインターボエンジンとフルタイム4WD機構を組み合わせたハイパフォーマンスモデルの、数値的なパフォーマンスだけにとどまらない魅力をリポートする。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • 谷口信輝の新車試乗――アウディRS 5クーペ(後編) 2018.2.1 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が「アウディRS 5クーペ」に試乗。アウディのスポーツマインドを体現した“完全無欠のスポーツクーペ”は、一体どんなドライバーにお薦めか? 意外や谷口はこんなことを考えている!
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
ホームへ戻る