クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

日産マーチNISMO S(FF/5MT)

本格派の香り 2014.02.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。

狙いは理解できるのだが……

1982年の誕生以来、日産の、いや日本を代表するベーシックカーとして親しまれてきた「マーチ」。けれども、それが4代目の現行モデルにバトンタッチをされた時、正直わが目を疑った。

ヨーロッパの競合車ひしめくパリやローマの街中でも、個性豊かなライバルに少しも見劣りをしない……どころか、それ以上の存在感の高さで異国の風景の中に溶け込んでいた3代目(旧モデル)のアピアランス。それは、「そんなモデルを生み出したのが日本のメーカーであることを誇りに感じる」と言っても過言ではない秀逸なデザインだった。

実際、「厳しい目を持つヨーロッパの人々にも、そのデザインは好評をもって受け入れられている」と耳にしていただけに、次期モデルも当然そうした特徴をより強化する方向で登場するのだろうと、(勝手に)期待を抱いていた。

ところが、いざモデルチェンジをしてみれば、そのルックスはいかにも新興国狙いに宗旨替えをしたとしか受け取れないもの。これまでの歴代モデルがフォーカスをした日本とヨーロッパに加え、新たに成長著しい新興国市場も獲得したい、という狙いどころはもちろん理解ができる。が、だからといって「ここまで時代をさかのぼらなくてもいいじゃないか!」というのが、自身の4代目マーチに対する第一印象であったのだ。

「マーチNISMO」には、1.2リッター+CVTの「NISMO」と、1.5リッター+5MTの「NISMO S」が設定される。試乗車は後者。
「マーチNISMO」には、1.2リッター+CVTの「NISMO」と、1.5リッター+5MTの「NISMO S」が設定される。試乗車は後者。
    拡大
センター部の先端を持ち上げたフロントスポイラーはダウンフォースを生み出す。“ゼロリフト”を実現し、走行安定性を向上させた。
センター部の先端を持ち上げたフロントスポイラーはダウンフォースを生み出す。“ゼロリフト”を実現し、走行安定性を向上させた。
    拡大
空気抵抗の低減を狙った専用のルーフスポイラーとバンパーの採用により、リアビューもより“好戦的”に。
空気抵抗の低減を狙った専用のルーフスポイラーとバンパーの採用により、リアビューもより“好戦的”に。 拡大

1.2と1.5の2グレード設定

マーチにNISMOバージョンが追加される、というニュースは、随分と前に耳にしたような気がする……と記憶をたどれば、実はこのモデルの発表は2013年の6月。どんな事情があったのかは不明だが、発表から半年を費やしてようやく発売に至ったのが、このNISMOバージョンということになる。

そんなこのモデルは2グレードの設定。“普通のマーチ”と同じ1.2リッターの3気筒エンジンをCVTと組み合わせた「NISMO」と、専用チューニングが施された1.5リッターの4気筒エンジンにMTを組み合わせた「NISMO S」というのがそれだ。

いかにも空力を意識したことを想像させる、専用デザインの前後バンパーやフロントグリル、サイドシルプロテクターやルーフスポイラー、さらには、ベースモデル比で2インチのプラスとなる205/45タイヤが組まれる16インチホイールなどは、どちらのグレードにも共通で採用されるアイテム。

一方で、専用エキゾーストシステムやコンピューター、さらには圧縮比にまで手が加えられた前述のエンジンに加え、やはり専用のブレーキシステムやサスペンション・メンバーステー/トンネルステーなどのボディー補強、そしてスポーツシートやアルミ製ペダルなどは、Sグレードのみに採用されるメニューだ。

要は、専用チューンの足まわりは両者に与えられるものの、それ以外は主に“コスメティック”部分にフォーカスをしたのがNISMOで、走りのブラッシュアップにもより熱心に取り組んだのがNISMO Sということ。

今回テストドライブに引っ張り出したのは、当然ながら後者となる。

「ジューク」や「キューブ」などに搭載される1.5リッターのHR15DE型エンジンには「NISMO S」専用チューンが施され、116psと15.9kgmを発生する。無鉛プレミアム仕様。
「ジューク」や「キューブ」などに搭載される1.5リッターのHR15DE型エンジンには「NISMO S」専用チューンが施され、116psと15.9kgmを発生する。無鉛プレミアム仕様。
    拡大
ルーフスポイラーは標準型「マーチ」より前後方向に長い。
ルーフスポイラーは標準型「マーチ」より前後方向に長い。 拡大
ABCペダルとフットレスト(NISMOロゴ入り)はアルミ製に。
ABCペダルとフットレスト(NISMOロゴ入り)はアルミ製に。 拡大
リアバンパーの中央にリアフォグランプが標準で備わる。また「NISMO S」グレードには、専用エキゾーストシステムが装着される。
リアバンパーの中央にリアフォグランプが標準で備わる。また「NISMO S」グレードには、専用エキゾーストシステムが装着される。 拡大

トルクとレスポンスに富む1.5リッターユニット

3万6000円強のオプションカラーである「ブリリアントホワイトパール」のボディーに、前出のボディーキットを装着したテストカーが、“普通のマーチ”よりも1ランク立派に見えたのは間違いない。
日本メーカー発のコンパクトカーとして、世界に誇れる存在たるにはまだまだ注文を付けたい部分は残るが、それをNISMOの仕事に求めるのはお門違いだし、ここは次のフルチェンジまで待つしかないということだろう。

立派に見えるようになった一因として、16インチの“大径シューズ”で足元が逞(たくま)しくなった効果は大きい。
ただし、その副産物としてリアのドラムブレーキが目立つのはマイナス。あえてディスク化をしなくても十分な性能を持つという判断かもしれないし、実際にテストドライブでもその能力に不満を抱くことがなかったのは事実。
けれども、NISMOが手掛けたスポーツモデルとしては、やはりそのルックスが期待値に届いていないのも間違いない。「おしゃれは足元から」というけれど、こうしたモデルでも効果的に本物感を増してくれる、重要なポイントであるはずだ。

いざ走りだすと、アクセル開度の小さいゾーンを多用する街乗りシーンでは“どうということはなかった”心臓は、前が開けて右足により力を込められるシチュエーションになると、4000rpmから5000rpm付近でのトルク感が期待を明確に上回る。この点に、“専用チューン”の恩恵を実感する。単にパワフルというだけでなく、いかにもスポーツ派のドライバーが歓迎しそうな“盛り上がり感”を伴って回る点も、好感度が高い。

ボリュームはさほどでないものの、乾いたエキゾーストノートもなかなかの気分。何よりもこうした日常のシーンの中で“使いきれるパワー”を、シャープなレスポンスとともに引き出せるのが快感だ。

逆に、アクセルオフ時の回転落ちがやや鈍い点と、せっかく用意されたMTがギア比のステップが大きい5段仕様で、かつそのシフトフィールも秀逸とまではいいかねる仕上がりなのはちょっと残念。

それに加えて、素早いクラッチミートではわずかな滑りを感じ、駆動系のダイレクトな締結感に欠ける点にも注文を付けたい。
テスト車のオドメーターはこの時点でまだ2600kmほどだったから、この現象は個体の不具合というよりは、「クラッチのキャパシティーがちょっと足りない」ことに起因するものではないかと思われる。

スプリングとショックアブソーバーは専用品(NISMOとNISMO Sでは設定が異なる)。さらにスタビライザーが装着されたほか、パワーステアリングやブレーキにもチューニングの手が入っている。
スプリングとショックアブソーバーは専用品(NISMOとNISMO Sでは設定が異なる)。さらにスタビライザーが装着されたほか、パワーステアリングやブレーキにもチューニングの手が入っている。 拡大
タイヤのサイズは205/45R16(写真は前輪)。銘柄はブリヂストン・ポテンザRE-11。
タイヤのサイズは205/45R16(写真は前輪)。銘柄はブリヂストン・ポテンザRE-11。 拡大
ステアリングホイールは、赤いセンターマークが付いたレザー/アルカンターラのコンビタイプとなる。
ステアリングホイールは、赤いセンターマークが付いたレザー/アルカンターラのコンビタイプとなる。 拡大
スエード調の素材を併用したバケット形状の専用スポーツシートが装着される。
スエード調の素材を併用したバケット形状の専用スポーツシートが装着される。 拡大
リアシートは3人掛け(乗車定員は5人)。リアドアとバックドアのウィンドウが「プライバシーガラス」(着色ガラス)となる。
リアシートは3人掛け(乗車定員は5人)。リアドアとバックドアのウィンドウが「プライバシーガラス」(着色ガラス)となる。 拡大

今や貴重な存在

首都高、東名、そして小田原厚木道路と、箱根に向かうまでの“リエゾン区間”ではさすがにちょっと揺すられ感が強いな、と思われたフットワークは、ワインディングロードに差し掛かると、なるほどイイ感じだった。

4輪が生み出す接地感は十分に“スポーツ”を名乗れるレベルで、ベースモデルでは及びもつかない“高Gの走り”もしっかり堪能できる。もっとも、調子に乗ってどんどんとペースを上げていくと、ある時点で意外にも明確なタックイン現象が発生したりと、ここまでドライグリップ重視の硬派なスポーツタイヤを履くのは「ちょっとやり過ぎかな?」と思える場面も皆無ではなかった。
が、考えてみれば、これは必ずしも万人ではなく、ある程度限られたユーザーをターゲットとしたモデル。となれば、こうした方向のチューニングは、むしろNISMOというタイトルが与えられたコンプリートカーに多くの人が期待をする、“適度な締まり具合”と表現してもよさそう、という解釈もできる。

上部中央にセンターマーカーが組み込まれたレザーとアルカンターラのコンビネーションによるステアリングホイールを通じて伝えられる路面とのコンタクト感も、ベース車両の不甲斐(ふがい)なさからすればよく頑張った仕上がり。

ただし、前述のように、制動能力そのものに不満は感じなかったものの、そのブレーキは専用システムをうたう割にはペダルタッチがややフワフワと、いわゆるちょっとスポンジーな感触だったのが惜しまれる。ブレーキは、エンジン以上に日常でそのフィーリングを味わう部分。それだけに、ここがカチッとより硬質なタッチになっただけで、クルマ全体の質感がより高く受け取れるはずだ。

……と、なんだかんだと注文は付けても、200万円をはるかに下回る価格でこれだけ楽しめるとなれば、それはやはり貴重な存在。単に、上級モデルから拝借をしたパワフルな心臓を搭載した付け焼き刃的なスポーティーモデルなどとは異なる、本格スポーツの香りが漂う一台だ。

(文=河村康彦/写真=荒川正幸)

エンジンのパワーアップに対応し、「NISMO S」ではボディーが強化されている。そのメニューはフロントサスメンバーステー、フロア2カ所のトンネルステー、リアサスステー、テールクロスバーの追加など。
エンジンのパワーアップに対応し、「NISMO S」ではボディーが強化されている。そのメニューはフロントサスメンバーステー、フロア2カ所のトンネルステー、リアサスステー、テールクロスバーの追加など。 拡大
「NISMO S」グレードのトランスミッションは標準型には設定されない5MT。
「NISMO S」グレードのトランスミッションは標準型には設定されない5MT。 拡大
速度計の表示は220km/hまで。回転計は赤い文字盤の専用デザインとなり「NISMO」のロゴが入る(レッドゾーン設定は1.2リッターエンジンと同じ6500~8000rpm)。
速度計の表示は220km/hまで。回転計は赤い文字盤の専用デザインとなり「NISMO」のロゴが入る(レッドゾーン設定は1.2リッターエンジンと同じ6500~8000rpm)。 拡大
リアシートのバックレストは可倒式だが、左右分割しない一体式となる。(クリックするとシートが倒れる様子が見られます)
リアシートのバックレストは可倒式だが、左右分割しない一体式となる。(クリックするとシートが倒れる様子が見られます) 拡大
車両本体価格は「NISMO S」が177万300円、「NISMO」が154万350円。
車両本体価格は「NISMO S」が177万300円、「NISMO」が154万350円。 拡大

テスト車のデータ

日産マーチNISMO S

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3870×1690×1495mm
ホイールベース:2450mm
車重:1010kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:5段MT
最高出力:116ps(85kW)/6000rpm
最大トルク:15.9kgm(156Nm)/3600rpm
タイヤ:(前)205/45R16 87V/(後)205/45R16 87V(ブリヂストン・ポテンザRE-11)
燃費:--km/リッター
価格:177万300円/テスト車=180万7050円
オプション装備:特別塗装色ブリリアントホワイトパール(3万6750円)

テスト車の年式:2013年型
テスト車の走行距離:2407km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(6)/山岳路(2)
テスト距離:386.4km
使用燃料:32.1リッター
参考燃費:12.0km/リッター(満タン法)/13.0km/リッター(車載燃費計計測値)

日産マーチNISMO S
日産マーチNISMO S
    拡大

日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】の画像 拡大