日産マーチNISMO S(FF/5MT)

本格派の香り 2014.02.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。

狙いは理解できるのだが……

1982年の誕生以来、日産の、いや日本を代表するベーシックカーとして親しまれてきた「マーチ」。けれども、それが4代目の現行モデルにバトンタッチをされた時、正直わが目を疑った。

ヨーロッパの競合車ひしめくパリやローマの街中でも、個性豊かなライバルに少しも見劣りをしない……どころか、それ以上の存在感の高さで異国の風景の中に溶け込んでいた3代目(旧モデル)のアピアランス。それは、「そんなモデルを生み出したのが日本のメーカーであることを誇りに感じる」と言っても過言ではない秀逸なデザインだった。

実際、「厳しい目を持つヨーロッパの人々にも、そのデザインは好評をもって受け入れられている」と耳にしていただけに、次期モデルも当然そうした特徴をより強化する方向で登場するのだろうと、(勝手に)期待を抱いていた。

ところが、いざモデルチェンジをしてみれば、そのルックスはいかにも新興国狙いに宗旨替えをしたとしか受け取れないもの。これまでの歴代モデルがフォーカスをした日本とヨーロッパに加え、新たに成長著しい新興国市場も獲得したい、という狙いどころはもちろん理解ができる。が、だからといって「ここまで時代をさかのぼらなくてもいいじゃないか!」というのが、自身の4代目マーチに対する第一印象であったのだ。

「マーチNISMO」には、1.2リッター+CVTの「NISMO」と、1.5リッター+5MTの「NISMO S」が設定される。試乗車は後者。
「マーチNISMO」には、1.2リッター+CVTの「NISMO」と、1.5リッター+5MTの「NISMO S」が設定される。試乗車は後者。
センター部の先端を持ち上げたフロントスポイラーはダウンフォースを生み出す。“ゼロリフト”を実現し、走行安定性を向上させた。
センター部の先端を持ち上げたフロントスポイラーはダウンフォースを生み出す。“ゼロリフト”を実現し、走行安定性を向上させた。
空気抵抗の低減を狙った専用のルーフスポイラーとバンパーの採用により、リアビューもより“好戦的”に。
空気抵抗の低減を狙った専用のルーフスポイラーとバンパーの採用により、リアビューもより“好戦的”に。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

マーチの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産マーチ ボレロA30(FF/5MT)【試乗記】 2016.11.15 試乗記 オーテックジャパンが、自社の創立30周年を記念してリリースした、30台限定のスペシャルモデル「日産マーチ ボレロA30」。オーテックが、持てるリソースのすべてを注いで作り上げた“特別なマーチ”の走りをリポートする。
  • 日産マーチNISMO S(FF/5MT)【試乗記】 2014.2.18 試乗記 「ジューク」と「フェアレディZ」に続き、NISMOの名を持つ「マーチ」が登場。モータースポーツで培われたノウハウが注がれたスーパーマーチの走りはいかに? 1.5リッター自然吸気エンジンに5MTを組み合わせた上級モデル「NISMO S」に試乗した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る