第333回:イタ~い! イタリアのクルマ維持費はこんな感じ

2014.02.07 エッセイ

車検のアポは直接交渉に限る

人間の体内時計というのは素晴らしいものである。先日ボクのクルマが車検の月であることを見事に思い出した。日頃まったく意識していなかったのに、である。

イタリアにおける現行車検制度は、初回は4年後、以降は2年ごとに受けなければならない(タクシー、ハイヤーなど営業車は毎年)。実際はEU基準に近づけたものであるが、ボクがイタリアにやってきた1996年には、まだ10年ごと(!)だったことを思えば、ずいぶん近代的になったものである。

今ボクが乗っているクルマの初回登録は2008年1月だ。最後に受けた車検は、2012年1月。クルマにとっても、ボクにとっても最初の車検であった。あれから2年。法規では、当該月いっぱいに受ければよい。滑り込みセーフである。

前回持ち込んだのはメーカー指定の協力工場だったが、その後ふとしたことからその工場が委託している民間車検場と知り合いになった。そこで、今回はそちらに直接持ってゆくことにした。

イタリア人と交渉するのは電話やメールより、「ファッチャ・エ・ファッチャ(フェイス・トゥ・フェイス)」が一番手っ取り早い。その日はスイス-オーストリアとまわった大ツーリングの帰路だったが、その足で民間車検場になだれ込んだ。民間車検場といっても、日本のように修理工場を兼ねているところもあれば、車検をほぼ専門に行っているところも両方ある。ボクが門をたたいたのは後者だ。

他の民間車検場のごとく、ぐちゃぐちゃに書かれた卓上ダイアリーをだらだらめくり、あの日でもない、この日もダメ……とか、アポイントを調整するのかと思いきや、ナポリ生まれの工場長パオロさんは「じゃ、今からやろっか」といきなり切り出した。昼休み直後で偶然空いていたのか、ナポリタンゆえの男気かは不明であるが、これは二度手間にならず助かる。

ふと車内を見れば、旅行用の荷物やら、飲み残したジュースやらが散らかっている。他人が突然家に来てしまったときのように焦ったが、スタッフのお兄さんは「大丈夫、大丈夫」と言って、クルマをダイナモ上に移動させ、検査を始めてしまった。
待っている間に会計を済ませると、車検費用は65.60ユーロ(約9100円)であった。

なおイタリアの場合、外観に車検を受けたことを示す表示はなく、ただ車検証にステッカーを貼るだけである。

ボクが飛び込んだ民間車検場にて。先客の「ランチア・イプシロン」が検査を受けていた。
州認定・民間車検場を示すサイン。3.5トンまでの四輪のみならず、二輪、三輪もどんと来いの旨記されている。「土曜日午前も営業」の文字も躍る。
民間車検場の主人で、ナポリ出身のパオロさん。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。