スズキ「ソリオ」に衝突回避支援システムを設定

2014.02.06 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ」
「スズキ・ソリオ」

スズキ「ソリオ」に衝突回避支援システムを設定

スズキは2014年2月6日、コンパクトカー「ソリオ」に「レーダーブレーキサポートII」をメーカーオプションとして設定し、販売を開始した。

ミリ波レーダー
ミリ波レーダー

「レーダーブレーキサポートII」とは、ミリ波レーダーで前方の車両を検知し、前方衝突警報機能と前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、および自動ブレーキ機能の3つの機能により、衝突の回避、もしくは衝突時の被害軽減を図るシステムである。

このほかにも、レーダーブレーキサポートII装着車には、エマージェンシーストップシグナルとESP、クルーズコントロールが装備される。

オプション価格は「X」「S」「BLACK&WHITE II」「バンディット」では6万8250円、X-DJE、S-DJE、BLACK&WHITE II-DJE、バンディット-DJEでは3万6750円。(ともに5%の消費税を含む)

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドMV(FF/CVT)【試乗記】 2015.11.29 試乗記 5ナンバーサイズのコンパクトカーと軽自動車の間という、絶妙なボディーサイズが特徴の「スズキ・ソリオ」。人気の軽ハイトワゴン&軽トールワゴンではなく、あえてこのサイズのコンパクトワゴンを選ぶ意義とは? 競合車にはないソリオならではの魅力を探る。
  • 「ルノー・カングー」に60台の限定モデル登場 2017.6.8 自動車ニュース ルノー・ジャポンが「ルノー・カングー」の特別仕様車「オーセンティック 6MT」を発売。1.2リッターターボエンジンを搭載した「アクティフ(6MT)」をベースに、人気のオプションであるクラシックアロイホイールとマルチルーフレールを標準装備している。
  • ダイハツ・トールG“SA II”/トヨタ・ルーミー カスタムG-T【試乗記】 2016.12.13 試乗記 ダイハツが持つ軽のノウハウを投入して開発されたコンパクトハイトワゴン「ダイハツ・トール」と「トヨタ・ルーミー/タンク」。これまで“一強”が支配してきた市場で、存在感を発揮できるのか? その使い勝手と走りをリポートする。
ホームへ戻る