スズキ「ソリオ」に衝突回避支援システムを設定

2014.02.06 自動車ニュース
「スズキ・ソリオ」
「スズキ・ソリオ」

スズキ「ソリオ」に衝突回避支援システムを設定

スズキは2014年2月6日、コンパクトカー「ソリオ」に「レーダーブレーキサポートII」をメーカーオプションとして設定し、販売を開始した。

ミリ波レーダー
ミリ波レーダー

「レーダーブレーキサポートII」とは、ミリ波レーダーで前方の車両を検知し、前方衝突警報機能と前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能、および自動ブレーキ機能の3つの機能により、衝突の回避、もしくは衝突時の被害軽減を図るシステムである。

このほかにも、レーダーブレーキサポートII装着車には、エマージェンシーストップシグナルとESP、クルーズコントロールが装備される。

オプション価格は「X」「S」「BLACK&WHITE II」「バンディット」では6万8250円、X-DJE、S-DJE、BLACK&WHITE II-DJE、バンディット-DJEでは3万6750円。(ともに5%の消費税を含む)

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ソリオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ(後編) 2015.8.26 画像・写真 注目は燃費や予防安全装備だけにあらず。新型「スズキ・ソリオ」は、コンパクトハイトワゴンの本領である使い勝手も改善している。「バンディット ハイブリッドMV」を題材に、内外装のディテールや、収納スペース、快適装備などを写真で紹介する。
  • 「スズキ・ソリオ バンディット」に充実装備の特別仕様車 2016.12.8 自動車ニュース スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ バンディット」の特別仕様車「Fリミテッド」を発売。メッキのドアハンドルやラックススエードとレザー調皮革のコンビシートなどが採用された内外装が特徴となっている。
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る