第226回:三菱が20年かけた4WD技術はダテじゃない!
「アウトランダーPHEV」女神湖氷上試乗会リポート

2014.02.08 エッセイ

燃費だけのクルマじゃない

上信越自動車道を降りて佐久の街並みを抜け、上り坂の県道に入るとだんだん不安になってきた。路肩に雪が残るものの、晴れやかな日差しを受けて道路上はきれいに乾いている。氷上試乗を行うというのに、湖はちゃんと凍っているのだろうか。クルマごと水没という事態だけは避けたい。ヒートテックを買い込んで万全の防寒装備を整えてきたのだが、用意すべきは浮き輪だったのか――。そんな無駄な心配をするのが都市生活者の浅はかなところで、ホテルに到着すると、アプローチの道は押し固められた雪で真っ白になっていた。

氷上試乗の舞台となるのは、蓼科にある女神湖だ。夏はボート遊びでにぎわうが、湖面が氷結する冬季には氷上ドライブのコースが設けられる。愛車を持ち込んで走ることができるので、関東からも関西からも多くのクルマ好きがやってくるようだ。三菱は「アウトランダーPHEV」の4WD性能を体感させるため、この場所を選んだのである。

アウトランダーPHEVは2013年1月の発売以来販売が好調で、電池の生産が追いつかない状況にあるという。高評価の要因として大きいのは、やはり驚異的な燃費だろう。「プラグインハイブリッド燃料消費率(複合燃料消費率)」は67.0km/リッターという異次元の数字で、ハイブリッド燃費単体でも18.6km/リッターをマークする。満充電からのEV走行距離は60.2kmで、ガソリンを満タンにした場合の航続可能距離は897kmだ。

エコカー減税と補助金を合わせれば、実質的な価格は300万円を切っている。お買い得感が販売成績に結びついているのは喜ばしいことだが、三菱としてはこのクルマが環境面と経済面からだけ評価されるのでは寂しいわけだ。今回は燃費のことは頭から消去する。クルマとしての出来、中でも4WDの機能をアピールするための試乗会なのだ。

試乗会は長野県の観光地、蓼科高原の女神湖にて開催。ふだんは一般向けの氷上走行会も実施されている。
試乗会は長野県の観光地、蓼科高原の女神湖にて開催。ふだんは一般向けの氷上走行会も実施されている。
今回のテスト車は「三菱アウトランダーPHEV」。2012年10月に発売された2代目「アウトランダー」をベースに、2つのモーターと発電機、走行用バッテリーを搭載してプラグインハイブリッド車としたものだ。
今回のテスト車は「三菱アウトランダーPHEV」。2012年10月に発売された2代目「アウトランダー」をベースに、2つのモーターと発電機、走行用バッテリーを搭載してプラグインハイブリッド車としたものだ。
コースにはガソリン車の「アウトランダー」の姿も。よく見ると、2014年1月末に発表された2014年モデルだった。
コースにはガソリン車の「アウトランダー」の姿も。よく見ると、2014年1月末に発表された2014年モデルだった。

第226回:三菱が20年かけた4WD技術はダテじゃない!「アウトランダーPHEV」女神湖氷上試乗会リポートの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ