第1回:ルノーこだわりの走りを試す ~シャシー スポール

泣きたくなるほど高性能 2014.02.10 特集 ルノーのレーシングカー開発を担うルノースポールが手がける、小さなハイパフォーマンスカー「ルーテシアR.S.」。その最新型はどのように進化したのか? 選べる2タイプの走りをワインディングロードで検証した。

走り自慢の乗り比べ

『webCG』編集部も意地の悪いことをする。前日の電話で「取材には、ご自分のクルマに乗ってきてください」と念押しされた。で、指示どおりに自分のクルマで箱根に来てみたら、このように新型“ルーテシアIV”の「ルノースポール」(以下R.S.)がいた。

これはまったくの内輪話だが、写真に写っている黒のルーテシアIII……つまり旧型(泣)のR.S.は、私の個人所有車である。買って3年半。ローンもまだ少し残っている(号泣)。そんな私に「新旧R.S.をならべてみたら面白いと思って」と、軽く言っちゃう編集者。
しかも、新型はシャシー スポールとシャシー カップのそろい踏み。どちらか一台なら、いろいろと重箱のスミをつついて「ほら、俺のIIIもまだまだ負けていないぜ!」と自分を納得させられたかもしれないのに、この仕打ち。これでは、逃げ場がないではないか……。

まあよい。これは仕事である。まして、こうしてシャシー スポールとシャシー カップを同時に連れ出して、とっかえひっかえ思う存分に乗れるチャンスというのもなかなかない。R.S.を愛する人間のひとりとして、これはこれで幸せなことである(強がり)。

ところで、2013年秋に上陸した新型ルーテシアR.S.だが、日本では今のところはシャシー カップが人気という。日本のマニアの間でも、R.S.はもはやフランスやルノーといった国籍&ブランドのワクを超えて「世界でもっとも熱い体育会系FF車」という評価を得つつある。だから、いまあえてR.S.を選ぶような御仁は、やはり、よりハードコアなシャシー カップを好むのだろう。ルノー・ジャポンも、今までは(新型ルーテシアR.S.のスゴさや熱さを訴求しやすい)シャシー カップを前面に押し出してきたフシもある。

3ドアハッチバックの先代「ルノー・ルーテシアR.S.」(写真右)と異なり、現行型(写真左)は5ドア。ボディーの全長は85mm長くなった。
3ドアハッチバックの先代「ルノー・ルーテシアR.S.」(写真右)と異なり、現行型(写真左)は5ドア。ボディーの全長は85mm長くなった。
ワインディングロードを行く、新旧「ルーテシアR.S.」。写真の白い車両は、最もスポーティーな仕様とされる「シャシー カップ」。
ワインディングロードを行く、新旧「ルーテシアR.S.」。写真の白い車両は、最もスポーティーな仕様とされる「シャシー カップ」。
前席は、サイドサポートの豊かなスポーツタイプ。表皮はファブリックのみとなる。
前席は、サイドサポートの豊かなスポーツタイプ。表皮はファブリックのみとなる。
 
第1回:ルノーこだわりの走りを試す ~シャシー スポールの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る