第1回:ルノーこだわりの走りを試す ~シャシー スポール

泣きたくなるほど高性能 2014.02.10 カップとスポール どっちを選ぶ? ルノーのレーシングカー開発を担うルノースポールが手がける、小さなハイパフォーマンスカー「ルーテシアR.S.」。その最新型はどのように進化したのか? 選べる2タイプの走りをワインディングロードで検証した。

走り自慢の乗り比べ

『webCG』編集部も意地の悪いことをする。前日の電話で「取材には、ご自分のクルマに乗ってきてください」と念押しされた。で、指示どおりに自分のクルマで箱根に来てみたら、このように新型“ルーテシアIV”の「ルノースポール」(以下R.S.)がいた。

これはまったくの内輪話だが、写真に写っている黒のルーテシアIII……つまり旧型(泣)のR.S.は、私の個人所有車である。買って3年半。ローンもまだ少し残っている(号泣)。そんな私に「新旧R.S.をならべてみたら面白いと思って」と、軽く言っちゃう編集者。
しかも、新型はシャシー スポールとシャシー カップのそろい踏み。どちらか一台なら、いろいろと重箱のスミをつついて「ほら、俺のIIIもまだまだ負けていないぜ!」と自分を納得させられたかもしれないのに、この仕打ち。これでは、逃げ場がないではないか……。

まあよい。これは仕事である。まして、こうしてシャシー スポールとシャシー カップを同時に連れ出して、とっかえひっかえ思う存分に乗れるチャンスというのもなかなかない。R.S.を愛する人間のひとりとして、これはこれで幸せなことである(強がり)。

ところで、2013年秋に上陸した新型ルーテシアR.S.だが、日本では今のところはシャシー カップが人気という。日本のマニアの間でも、R.S.はもはやフランスやルノーといった国籍&ブランドのワクを超えて「世界でもっとも熱い体育会系FF車」という評価を得つつある。だから、いまあえてR.S.を選ぶような御仁は、やはり、よりハードコアなシャシー カップを好むのだろう。ルノー・ジャポンも、今までは(新型ルーテシアR.S.のスゴさや熱さを訴求しやすい)シャシー カップを前面に押し出してきたフシもある。

3ドアハッチバックの先代「ルノー・ルーテシアR.S.」(写真右)と異なり、現行型(写真左)は5ドア。ボディーの全長は85mm長くなった。
3ドアハッチバックの先代「ルノー・ルーテシアR.S.」(写真右)と異なり、現行型(写真左)は5ドア。ボディーの全長は85mm長くなった。
ワインディングロードを行く、新旧「ルーテシアR.S.」。写真の白い車両は、最もスポーティーな仕様とされる「シャシー カップ」。
ワインディングロードを行く、新旧「ルーテシアR.S.」。写真の白い車両は、最もスポーティーな仕様とされる「シャシー カップ」。
前席は、サイドサポートの豊かなスポーツタイプ。表皮はファブリックのみとなる。
前席は、サイドサポートの豊かなスポーツタイプ。表皮はファブリックのみとなる。
 
第1回:ルノーこだわりの走りを試す ~シャシー スポールの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記
  • 「DS 3」に“トカゲ革模様”の限定モデルが登場 2017.12.4 自動車ニュース