アウディRS 7スポーツバック(4WD/8AT)

4WDの進化がここにある 2014.02.13 試乗記 今やスポーティーサルーンも、トップエンドモデルともなると500ps超が当たり前の時代。クワトロ4WDシステムを備えたスポーツモデルのひとつの到達点ともいえる「アウディRS 7スポーツバック」は、高速道路で、そしてワインディングロードで、いかなる走りを見せるのか?

もはや昔の言い伝え

この自在さはどうだろう。コーナーから脱出する際の強烈なトラクション、爆発的な加速力はいかにもハイパフォーマンス4WDの代名詞たるアウディの面目躍如といったところだが、予測した通りのラインをなぞって向きを変えるシャープで従順な回頭性などは、重くパワフルな4WD車とはとても想像できないものだ。経験の少ない人ならフルタイム4WDであることさえ気づかないかもしれない。
いや、さらに言えば、現代のドライバーにとって「ヨンクはアンダーステアが強い」などという“定説”は、もはや真偽が定かではない古くからの言い伝えやことわざのようなものではないだろうか。何しろ、電子制御技術の進歩のおかげで、昔のような曲がらない、癖の強い4WD車には事実上お目にかかれないのだから、「ヨンクにしては……」と書いても、そもそも意味が通じないだろう。

だが、ついつい分別くさい枕ことばを使いたがる私たちオヤジ世代にしてみれば、トラクションとハンドリングを両立させようと苦心惨憺(さんたん)していたあの時代がうそのようだ。最新の「アウディRS 7“クワトロ”」は、かつての4WDモデルを知る人には夢のようなマシンである。当然ながら、左足ブレーキングといったトリッキーなテクニックも歴史の中の伝説的なエピソードになってしまった、と言いたいところだが正確にはそうではない。RS 7スポーツバックは経験豊富なドライバーに代わって、左足ブレーキのような制御を車自身が勝手に判断して行ってくれる。だからこそ、エグゼクティブサルーン並みの大型ボディーにもかかわらず、徹頭徹尾クールに安定して、しかも恐ろしく速く走れるのである。

ラインナップのわずかな隙間も見逃さず、次々にニューモデルを投入しているアウディの最新スポーツモデルがRS 7スポーツバックである。ざっくり言えば「A6」のハッチバック版である「A7」と、その高性能版である「S7」は既に登場しているが、このRS 7スポーツバックはそのまた強力バージョンという位置づけ、要するに究極のクーペハッチバックである。同じパワーユニットを積む「RS 6アバント」、および4.2リッターV8自然吸気ユニット搭載の「RS 5カブリオレ」とともに2013年10月に国内発表されたモデルだが、このRS 7のみデリバリーがこの2月にずれ込んでいたものだ。

ワールドプレミア(世界初公開)は2013年1月のデトロイトショー。日本では2013年10月に発表され、最近デリバリーが始まった。
ワールドプレミア(世界初公開)は2013年1月のデトロイトショー。日本では2013年10月に発表され、最近デリバリーが始まった。
4リッターV8ツインターボエンジンは560psを発生。0-100km/hは3.9秒と、スーパースポーツカー並みの動力性能を備える。
4リッターV8ツインターボエンジンは560psを発生。0-100km/hは3.9秒と、スーパースポーツカー並みの動力性能を備える。
スポークの間から、ウェーブ型デザインのブレーキディスクがのぞく。
スポークの間から、ウェーブ型デザインのブレーキディスクがのぞく。
「RS 7」が560psであるのに対し、ひとつ下の「S7」は同じ4リッターV8ツインターボを搭載しながら420psにとどまる。その差、実に140ps。
「RS 7」が560psであるのに対し、ひとつ下の「S7」は同じ4リッターV8ツインターボを搭載しながら420psにとどまる。その差、実に140ps。
ハイグロスブラックのディフューザーインサートと、オーバル形状のテールパイプを備えたリアバンパーが後ろ姿を引き締める。
ハイグロスブラックのディフューザーインサートと、オーバル形状のテールパイプを備えたリアバンパーが後ろ姿を引き締める。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。