「水野和敏的視点」 vol.35 「ホンダ・オデッセイ アブソルートEX」

2014.02.07 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.35 「ホンダ・オデッセイ アブソルートEX」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が、本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「ホンダ・オデッセイ」。発想を大転換して、よりミニバンらしい路線に改められた新型を、ミスターGT-Rはどう見ているのか?


「水野和敏的視点」 vol.35 「ホンダ・オデッセイ アブソルートEX」の画像

「水野和敏的視点」 vol.35 「ホンダ・オデッセイ アブソルートEX」の画像

「水野和敏的視点」 vol.35 「ホンダ・オデッセイ アブソルートEX」の画像

「水野和敏的視点」 vol.35 「ホンダ・オデッセイ アブソルートEX」の画像
ホンダ・オデッセイ アブソルートEX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4830×1820×1685mm/ホイールベース:2900mm/車重:1830kg/駆動方式:FF/エンジン:2.4リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:190ps/6400rpm/最大トルク:24.2kgm/4000rpm/タイヤ:(前)225/45R18 (後)225/45R18/価格:358万5000円
ホンダ・オデッセイ アブソルートEX
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4830×1820×1685mm/ホイールベース:2900mm/車重:1830kg/駆動方式:FF/エンジン:2.4リッター直4 DOHC 16バルブ/トランスミッション:CVT/最高出力:190ps/6400rpm/最大トルク:24.2kgm/4000rpm/タイヤ:(前)225/45R18 (後)225/45R18/価格:358万5000円

■世界に誇れる超低床技術

今回は、「ホンダ・オデッセイ」を俎上(そじょう)に載せましょう。編集部が用意してくれたのは「オデッセイ アブソルートEX」。直噴の2.4リッターを積んだ“走り”志向のオデッセイです。7人乗りのFFモデル。車両本体価格は、358万5000円です。

私の中では、オデッセイは代々「一生懸命に“乗用車”を追いかけてきた」印象があります。そのため、ミニバンといえども、できるだけ車高を抑えてきました。ところが近年、そうしたアプローチがユーザーの期待値とずれ始めてしまった。そこで新型では、背を少し高くして、室内高についてはしっかり確保してきました。「ミニバンの王道」に対して、過不足のない構成としてきたわけです。

世の中、演歌が好きな人がいれば、AKB48のファンもいる。でも、そうした人たちに、演歌でもAKBでもない中途半端なモノを提供したって、買う人はいません。だからニューオデッセイでは、しっかり演歌の方を向けてきた。つまり、志向をより明確にして、わかりやすくしてきたのだと思います。

新型は、これまでの4枚ヒンジドアを諦め、左右のリアにスライドドアを設けました。ミニバンボディーの定番ですね。開発者として「頑張ったな」と思うのは、車高を上げるにあたり、ただルーフを高くするのではなく、フロアを低めることで、車高アップ分以上に室内高を稼いでいること。専用の薄型燃料タンクをつくったり、排気系の取り回しを工夫したりで大変だったでしょうが、ユーザーへの責任をしっかり果たしています。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ クールスピリット(FF/CVT)/ステップワゴンG(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.21 試乗記 縦にも横にも開く「わくわくゲート」と、新開発のダウンサイジングターボエンジンで注目を集める新型「ホンダ・ステップワゴン」。気になるその使い勝手と、走りの実力をチェックした。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ロクシタンとコラボした「ルノー・カングー アン プロヴァンス」が登場 2017.5.14 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年5月14日、「カングー」に特別仕様車「アン プロヴァンス」を設定し、同年6月8日に70台の台数限定で発売すると発表した。価格は264万円。
ホームへ戻る