日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)

王座奪還のために 2014.02.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。

四角い形をやめた本当の理由

納得した。なぜ新型「日産エクストレイル」がスクエアなフォルムを捨て、 スラントノーズとキックアップしたウエストラインが特徴の、スマートなスタイリングになったか。その理由が、1月末に行われた公道試乗会のプレゼンテーションで明かされたからだ。

公道試乗会と書いたのは、公道以外での新型エクストレイルの試乗会なら昨年末に行われており、webCGでも紹介しているから。あのときは横浜の日産自動車本社に隣接した特設オフロードコース内限定だった。今回晴れてナンバーが付き、同じ横浜の街に繰り出すことができたのである。

で、新型が激変した理由。昨年末の試乗記では、欧米のユーザーは新型のようなデザインを歓迎しており、かつてわが国で「テラノ」として売られていた「パスファインダー」の最新型も似たようなフォルムをまとっていることを書いたけれど、国内に目を移すともっとシリアスな事情があった。クロスオーバー系の台頭だ。

2013年12月に登場した3代目「日産エクストレイル」。スタイリングは一新したが、ボディーサイズは従来モデルとほぼ同等となっている。
シートには、写真の防水シートとメーカーオプションのクロスシートの2種類を用意。ただしクロスシートについては、「20S」「エクストリーマーX」の2グレードでは選択できない。
2列目シートの格納の手順は、2列シート車と3列シート車で異なる。ともに背もたれを前に倒すだけなのだが、3列7人乗りの場合、ロックを解除しないとリクライニングが途中で止まり、床面まで倒せないようになっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エクストレイルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産エクストレイル20X“エマージェンシーブレーキ パッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2014.2.12 試乗記 デザインも走りも一新した新型「日産エクストレイル」。好評だった初代、2代目の路線に別れを告げ、新境地に乗り出した3代目の実力を試した。
  • 「日産エクストレイル」に装備充実の特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース 日産自動車は2016年11月24日、「エクストレイル」に特別仕様車「20Xtt」を設定し、販売を開始した。「20X“エマージェンシーブレーキパッケージ”」をベースに、LEDヘッドランプやアルミホイールなど、装備の充実が図られている。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
ホームへ戻る