ホンダが2014年のモータースポーツ活動を発表

2014.02.07 自動車ニュース
本田技研工業の伊東孝紳代表取締役社長と、2014年シーズンに挑むレーシングドライバーやチーム監督ら。
本田技研工業の伊東孝紳代表取締役社長と、2014年シーズンに挑むレーシングドライバーやチーム監督ら。

ホンダが2014年のモータースポーツ活動を発表

2014年2月7日、ホンダは2014年のモータースポーツ活動発表会を行った。

発表会の会場となったHondaウェルカムプラザ青山の入り口には、レーシングカーがズラリ。
発表会の会場となったHondaウェルカムプラザ青山の入り口には、レーシングカーがズラリ。
2014年シーズンの活動計画を発表する伊東社長。
2014年シーズンの活動計画を発表する伊東社長。
2014年シーズンはGP2シリーズに参戦する伊沢拓也選手。
2014年シーズンはGP2シリーズに参戦する伊沢拓也選手。

■日本人F1ドライバーを育てるために

二輪と四輪の両面で世界の頂点に挑むホンダのモータースポーツ活動は極めて多岐にわたる。国際格式のイベントに限っても、ロードレースの最高峰であるMotoGP、モトクロス世界選手権、トライアル世界選手権、鈴鹿8時間耐久レースに代表される世界耐久選手権、ダカール・ラリー(以上が二輪)、世界ツーリングカー選手権(WTCC)、F1の登竜門とされるGP2シリーズ、日本のSUPER GT、スーパーフォーミュラ・シリーズ(以上が四輪)と、合計で9カテゴリーにもなる。

もっとも、活動のほとんどは従来からの継続だが、今季より始まるまったく新しい活動として注目されるのが伊沢拓也選手が挑むGP2シリーズだ。これは、ホンダが2015年よりマクラーレンとともにF1に参戦することに先立ち、「世界で活躍できる日本人ドライバーの育成」を目標としたもので、マクラーレンとホンダのドライバー育成プログラムを協調させることで実現したという。
また、ドライバーの選定に際しては、マクラーレンが所有するドライビング・シミュレーターを使用したほか、フィジカル面やメンタル面の評価でもマクラーレンが考案した手法が採用されたという。

なお、伊沢選手は今季フランスのARTグランプリからGP2に参戦するが、同チームからはマクラーレンの育成ドライバーであるストフェル・ヴァンドールンもGP2に挑むので、「ホンダとマクラーレン、どちらのドライバーが優秀かを比べたうえで、2015年以降のドライバーを決めよう」という意図が込められているようにも見える。

会場内に展示されていた「ホンダNSXコンセプトGT」。SUPER GT GT500クラスに投入される。
会場内に展示されていた「ホンダNSXコンセプトGT」。SUPER GT GT500クラスに投入される。
「ホンダNSXコンセプトGT」。
「ホンダNSXコンセプトGT」。
SUPER GTのGT300クラスで戦う「ホンダCR-Z GT」。
SUPER GTのGT300クラスで戦う「ホンダCR-Z GT」。
2014年シーズンのスーパーフォーミュラで使用されるレーシングマシンの「SF14」。
2014年シーズンのスーパーフォーミュラで使用されるレーシングマシンの「SF14」。

■国内四輪レースはドライバーのラインナップが激変

伊沢選手がヨーロッパに活動の拠点を移したことは、SUPER GTやスーパーフォーミュラの参戦体制にも見逃せない影響を及ぼした。

まず、伊沢選手とともにSUPER GTのGT500クラスに挑んでいたチームクニミツは、小暮卓史選手のチームメイトとして武藤英紀選手を起用する。2008年から2010年までインディカー・シリーズに参戦していた武藤選手は、帰国した2011年にSUPER GTのGT500クラスに挑戦して以降はGT300クラスに転向。昨年は「ホンダCR-Z GT」を駆ってチャンピオンに輝いていた。したがって、今回のGT500クラスへの復帰はそのご褒美といえるかもしれない。

そのほか、やはりGT500クラスに参戦するオートバックス・レーシング・チーム・アグリ(ARTA)は松浦孝亮選手のチームメイトとしてF1経験もあるヴィタントニオ・リウッツィ選手を起用。また、昨年、童夢のマシンを走らせたフレデリック・マコヴィッキィがヨーロッパに活動のベースを移した関係で、山本尚貴選手のチームメイトにはフランス出身のジャン・カール・ベルネ選手が起用された。そのほか、昨年までエプソン・ナカジマ・レーシングのドライバーを務めていた道上 龍選手がGT300クラスに参戦するホンダチームのエグゼクティブアドバイザーに就任する影響で、ベルギー出身のベルトラン・バゲット選手が中嶋大祐選手とタッグを組むことになった。
この結果、GT500クラスに参戦するホンダのチームでドライバー・ラインナップが昨年と変わっていないのは、塚越広大選手と金石年弘選手がコンビを組むケーヒン リアル レーシングのみとなる。

なお、DTMと共通化されたレギュレーションの導入に伴い、ホンダは今季より新開発のレーシングモデル「NSXコンセプトGT」をGT500クラスに投入するが、ライバルのトヨタや日産と違ってミドシップレイアウトを採用すること、またハイブリッドシステムを搭載することから、これらがトータルのパフォーマンスにどのように影響するかが注目される。
いっぽう、同じSUPER GTのGT300クラスには今季もCR-Z GTを投入、チーム 無限は中山友貴選手と野尻智紀選手のコンビ、ARTAは高木真一選手と小林崇志選手のふたりを起用する

SUPER GTと並ぶ国内最高峰カテゴリーであるスーパーフォーミュラもマシンが一新され、シャシーは新設計のダラーラ製、エンジンはホンダとトヨタが供給する新型の2リッター直噴ターボとなる。
ドライバーとしては、昨年タイトルを勝ち取った山本選手がチーム 無限に残留するほか、そのチームメイトとして中山友貴選手がエイチピー リアル レーシングから移籍。彼が抜けた穴を埋めるのはヴィタントニオ・リウッツィ選手で、塚越選手とコンビを組む。さらに、伊沢選手のGP2参戦によって空席となったドコモ チーム ダンディライアン レーシングのシートは、F3から昇格した野尻智紀が手に入れた。この結果、小暮選手と中嶋選手が残留するナカジマレーシングのみ、昨年と同じ体制を維持することになった。

(文=大谷達也/写真=本田技研工業、webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。