トヨタ・ハリアー プレミアム“アドバンストパッケージ”(4WD/CVT)

現代ニッポンのど真ん中 2014.02.14 試乗記 およそ10年ぶりにモデルチェンジされたトヨタの高級クロスオーバーSUV「ハリアー」。2リッターガソリンエンジンの4WDモデルに試乗した。

新型「ハリアー」の存在価値とは

新型「ハリアー」が売れているらしい。トヨタから出た受注関連の公式情報は、昨年12月中旬時点のものだけだが、デビューから1カ月での受注台数は約2万台。月販目標2500台の8倍。滑りだしとしては上々の部類。東京の街中でも年明けくらいからポツポツと見かけるようになり、その増殖ペースはたしかに速めかも……というのが偽らざる実感だ。
ただ、初期受注のおよそ4割を占めるハイブリッドは2リッターより納車開始が少し遅く、ハイブリッドに一般ユーザーが乗りはじめたのはつい最近。つまり、今まで街中で見かけた新型ハリアーは基本的に2リッターであり、ハイブリッドがグイグイ増えていくはずの今後は、新型ハリアーの存在感も一気に高まると予想される。

まあ、いまどきの気分としては「なにはなくともハイブリッド」な人も多いだろう。動力性能もハイブリッドのほうが明らかに強力。ただ、新型ハリアーでは、2リッターとハイブリッドの価格差は同じ4WD同士だと約70万円。さらに「2リッターなら2WDで十分」と思えれば、その差は約90万円まで広がる。

いずれにしろ、普通の使い方でハイブリッド燃費分のモトを取るのはむずかしい。というか、今回あらためて2リッターの4WDを使ってみたら、新型ハリアーの魅力はハイブリッド以外の部分にこそあるような気がしてきた。すなわち、この立派なSUVが2リッターエンジンでフツーによく走り、この立派なSUVが2リッターなら300万円前半の乗り出し価格で買える……という点こそ、新型ハリアー最大の存在価値ではないかと思った。

すでにご承知のように、新型ハリアーは日本専用車だそうである。本体価格300万円台で月販2500台程度のモデルを専用開発するとは、シロート目にはかなり厳しく思えるが、プラットフォームを共用する日本未導入の新型「RAV4」とほぼ同時並行で開発した……というあたりにその秘密がありそうである。

搭載されるエンジンは2リッター直4。151psと19.7kgmを発生させる。
搭載されるエンジンは2リッター直4。151psと19.7kgmを発生させる。
ダッシュボードには、ステッチが施されたソフトパッド表皮が使われる。
ダッシュボードには、ステッチが施されたソフトパッド表皮が使われる。
ファブリックと合成皮革からなるシートが標準装備となる。
ファブリックと合成皮革からなるシートが標準装備となる。
ボディーサイズは従来型より小さくなったが、後席のひざ前空間は47mm拡大されている。
ボディーサイズは従来型より小さくなったが、後席のひざ前空間は47mm拡大されている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る