スズキ・ハスラー X(FF/CVT)

走るビタミン剤 2014.02.24 試乗記 ユニークな見た目で話題の新型軽「スズキ・ハスラー」。では、実際に乗ってみたらどうなのか? 燃費を含め、クルマとしての仕上がりを報告する。

メカニズムは手堅い

「ウワ~イ!」とか「キャッホ~ッ!」とか、なんだか楽しい「スズキ・ハスラー」。性能やメカニズムなどを考えるより、“この子”といっしょに何しようかと、いろいろ明日からの暮らし(いや、生き方かな)に思いを巡らせてしまうところに、本当の値打ちがある。クルマは「乗る」ためより「何かをする」ためにあることを考えると、これこそ心から愛すべきクルマかもしれない。

それはそれとして、まずはどんなクルマなのか紹介しようと思ったが、ほとんど全面的に「スズキの軽」というだけで、誰でもわかってしまうほど手堅い仕立て。だから危うさを感じさせず、楽しさばかり迫ってくるのだろう。

基本となるプラットフォームの大半は、「ワゴンR」などスズキの人気車種と共用。フロントに横置きの3気筒660ccエンジンは自然吸気(52ps)とターボ(64ps)の2種類で、徹底的な摩擦損失低減対策やアイドリングストップはもちろん、減速時にエネルギーを専用のリチウムイオン電池にため込む「エネチャージ」まで駆使した結果、トール系の軽でトップクラスの低燃費(自然吸気のFFが29.2km/リッター、4WDが28.0km/リッター、ターボは26.8km/リッターと25.0km/リッター、いずれもCVTの数値)を誇る。変速機はFFが5段MTとCVT、ターボはCVTのみ。つまりメカニズム面では現行スズキ軽の文法そのものだ。

コミカルな「ハスラー」のフロントまわり。特にテスト車の「X」は、リング状のLEDポジショニングランプが特徴的だ。
コミカルな「ハスラー」のフロントまわり。特にテスト車の「X」は、リング状のLEDポジショニングランプが特徴的だ。
インテリアには、光沢のある樹脂パネルがアクセントとして使われる。
インテリアには、光沢のある樹脂パネルがアクセントとして使われる。
助手席の真下に置かれるリチウムイオンバッテリー。減速時に得られた電力を蓄え、必要時には電装品に用いることで、燃費の向上が図られている。
助手席の真下に置かれるリチウムイオンバッテリー。減速時に得られた電力を蓄え、必要時には電装品に用いることで、燃費の向上が図られている。
「ハスラー X」には、6種類のツートンカラーを含む、計11種類のボディーカラーが用意される。
「ハスラー X」には、6種類のツートンカラーを含む、計11種類のボディーカラーが用意される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハスラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・ハスラー X(FF/CVT)【試乗記】 2014.2.24 試乗記 ユニークな見た目で話題の新型軽「スズキ・ハスラー」。では、実際に乗ってみたらどうなのか? 燃費を含め、クルマとしての仕上がりを報告する。
  • 新型「スズキ・ワゴンR」 3種類のデザインで登場 2017.2.1 自動車ニュース スズキが6代目となる新型「ワゴンR」を発表。デザインは従来モデルから一新されており、特にフロントまわりについてはイメージの異なる3種類のデザインを用意。33.4km/リッターというマイルドハイブリッド車の燃費も特徴となっている。
  • スズキ・ハスラー(前編) 2013.12.24 画像・写真 個性的なルックスに注目! 「スズキ・ハスラー」の姿を写真で紹介する。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る