フェラーリの新ショールーム、横浜にオープン

2014.02.11 自動車ニュース
ニコル・コンペティツィオーネのショールーム。手前は「フェラーリ・フォー」。
ニコル・コンペティツィオーネのショールーム。手前は「フェラーリ・フォー」。

フェラーリの新ショールーム、横浜にオープン

2014年2月11日、新たなフェラーリ正規ディーラー「ニコル・コンペティツィオーネ」のオープン記念イベントが、横浜のみなとみらいで開催された。

あいさつを述べる、ニコル・コンペティツィオーネのニコ・ローレケ代表取締役社長。「午年に日本で7番目(=ラッキーナンバー)のディーラーになれるとは、(個人的な関連以上の)縁と運を感じる。情熱を持ってフェラーリと仕事をしたい」。
あいさつを述べる、ニコル・コンペティツィオーネのニコ・ローレケ代表取締役社長。「午年に日本で7番目(=ラッキーナンバー)のディーラーになれるとは、(個人的な関連以上の)縁と運を感じる。情熱を持ってフェラーリと仕事をしたい」。
フェラーリ・ジャパンのハーバート・アプルロス プレジデント&CEO(写真左)も登壇。「ラインナップが充実している今、顧客の多い横浜に店舗を開けるのは幸せなこと」などとコメントした。
フェラーリ・ジャパンのハーバート・アプルロス プレジデント&CEO(写真左)も登壇。「ラインナップが充実している今、顧客の多い横浜に店舗を開けるのは幸せなこと」などとコメントした。
ショールーム内に展示された「フェラーリ458スペチアーレ」(3290万円)。現在、予約受付中。
ショールーム内に展示された「フェラーリ458スペチアーレ」(3290万円)。現在、予約受付中。
ショールーム正面外観
ショールーム正面外観
ショールームの所在地は、横浜市西区みなとみらい2-2-1。2014年6月末には、横浜市都筑区に整備の拠点も開設される。
ショールームの所在地は、横浜市西区みなとみらい2-2-1。2014年6月末には、横浜市都筑区に整備の拠点も開設される。

ランドマークタワーの足元、ランドマークプラザの一角に、最新のフェラーリが展示される豪華なショールームが出現。その名の通り、ブガッティ、ロールス・ロイス、BMW、アルピナといった、高級ブランドを扱うニコル・グループが手がける販売店舗で、フェラーリの正規ディーラーとしては、7番目にあたる。

店舗のプレオープン・プレスカンファレンスにおいて、ニコ・ローレケ代表取締役社長は、F2に挑戦したこともある自身のモータースーポーツへの情熱とフェラーリを重ね合わせ、跳ね馬を扱える喜びを語った。ちなみに、叔父のフシュケ・フォン・ハンシュタイン男爵は、1940年のミッレミリアの勝者(マシンは「BMW 328」)。会場では、当時の純銀製の優勝カップが披露され、居並ぶプレス陣をうならせた。

続いて壇上に立ったフェラーリ・ジャパンのプレジデント&CEO ハーバート・アプルロス氏は、横浜周辺に約1000人のフェラーリ・オーナーがいることに触れ、大都市・横浜の重要性に言及。ニコ・ローレケ社長の、35年にわたる高級車販売の実績が、今回のフェラーリ正規ディーラー契約の決め手になったという。

白基調の店内には、素材に触れながら、内外装の豊富なカスタマイズプランを決められるスペースや、強化パーツ群を確認する小部屋なども用意される。訪れた顧客は、大いに楽しく迷えることだろう。

ニコル・コンペティツィオーネのショールームオープン(2014年2月14日)に遅れること約4カ月。今年6月の末には、横浜市都築区に、フェラーリ専用のサービスセンターや中古車ショップが開かれる予定だ。

(文=青木禎之<Office Henschel>/写真=webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。