第334回:”クルマをぶつけて止める”伝説を検証してみる

2014.02.14 エッセイ

ステアリングを切り返す目安

「ぶつからないクルマ」は今や自動車メーカーが最優先で研究しているテーマだが、今回は「ぶつけるクルマ」のお話である。
先日、読者の方からボクのSNSに「ある新聞で『フランスではクルマのバンパーは押していいという認識だ』というコラムを読みましたが、本当ですか?」という書き込みがあった。「ヨーロッパでは、縦列駐車する時はぶつけて止める」は、長年日本において伝説と化している。

早速パリの下町といえる15区で観察してみる。目の前で縦列駐車から脱出しようとしている「ルノー・シュペールサンク」のドライバーは、後方のバンにバンパーを2回ぶつけてから列を脱した。ぐいぐい押して間隔を開けるまではできないが、「ぶつかったら、そこで止まる」をステアリングを切り返す目安としているのは明らかだ。

「バンパーをぶつける心理とは?」

まず聞いてみたのは、シトロエンの「DS」および「ID」のクラブの会長を務めるフランス人シルヴァン氏だ。彼は「パリの駐車場バトルは過酷すぎて、そんなことは構っていられないのだよ」と即座に説明してくれた。
セーヌ右岸16区に住まいをもち、家族車としてシトロエンのMPV「エバジオン」に乗る知人ディディエも「この街では、わずかでもスペースを見つけたら頑張って止めるしか選択肢はない」と教えてくれた。

パリ、アンヴァリッド(廃兵院)近くで。すれすれに駐車された「ルノー・トラフィック」と「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」。
パリ、アンヴァリッド(廃兵院)近くで。すれすれに駐車された「ルノー・トラフィック」と「アルファ・ロメオ・ジュリエッタ」。
「プジョー308ステーションワゴン」の脱出は難しそうだ。
「プジョー308ステーションワゴン」の脱出は難しそうだ。
パリ15区にて。「ルノー・シュペールサンク」対初代「メルセデス・ベンツAクラス」。
パリ15区にて。「ルノー・シュペールサンク」対初代「メルセデス・ベンツAクラス」。
後日、その「シュペールサンク」の脱出劇を、ちょうど目撃。後方のバンにぶつかるのをステアリングを切り返す目安にしていた。
後日、その「シュペールサンク」の脱出劇を、ちょうど目撃。後方のバンにぶつかるのをステアリングを切り返す目安にしていた。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。