ホンダが新型「タイプR」のコンセプトを出展【ジュネーブショー2014】

2014.02.12 自動車ニュース
「ホンダ・シビック タイプRコンセプト」
「ホンダ・シビック タイプRコンセプト」

【ジュネーブショー2014】ホンダが新型「シビック タイプR」のコンセプトモデルを出展

本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2014年2月12日、「第84回ジュネーブ国際自動車ショー」(プレスデイ:2014年3月4日~5日、一般公開日:3月6日~16日)に、欧州向け「シビック タイプRコンセプト」を出展すると発表した。

 

シビック タイプRコンセプトは、欧州向けの「シビック」(5ドア)をベースに開発を進めている新型車、「シビック タイプR」のデザインを示唆するコンセプトモデルである。シビック タイプRは2リッター直噴ガソリンターボエンジンを搭載したスポーツモデルとして、2015年に欧州で発売の予定だ。

今回のジュネーブショーには、このほかにも2014年シーズンのFIA世界ツーリングカー選手権に参戦するレーシングカー「ホンダ・シビックWTCC」や、欧州では初出展となる燃料電池電気自動車のコンセプトモデル「ホンダFCEVコンセプト」などが展示される。

(webCG)
 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る