マクラーレンが第3のモデル「650S」を公開【ジュネーブショー2014】

2014.02.13 自動車ニュース

【ジュネーブショー2014】マクラーレンが第3のモデル「650S」を公開

英マクラーレン・オートモーティブは、ジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)で「マクラーレン650S」を世界初公開する。

 

「マクラーレン650S」について、現段階で明らかにされている情報は非常に少ない。「スポーツカーの水準を塗り替えた『12C』(旧MP4-12C)のドライビングパフォーマンスと、オンロードおよびサーキットにおいて最高のドライバーズカーとして設計した『P1』を融合させることで、マクラーレン・オートモーティブが新たに開発した最新モデル」と説明されるのみ。

あくまでうわさの域を出ないが、同モデルは12Cをベースにより“先鋭的”に仕立てたモデルで、3.8リッターV8ツインターボエンジンは625ps(12C)から車名が示す650psまで強化されているという。

(webCG)

関連キーワード:
650Sマクラーレンジュネーブモーターショー2014自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン720S(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.2 試乗記 マクラーレンロードカーの中核をなすスーパーシリーズ、その最新作である「720S」にイタリアで試乗。新しいシャシーと4リッターまで拡大されたV8ターボエンジンがもたらす走りは、ピュアなスポーツドライビングの歓びに満ちていた。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
ホームへ戻る