「水野和敏的視点」 vol.36 「メルセデス・ベンツA180スポーツ」&「メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC」

2014.02.14 mobileCG
メルセデス・ベンツA180スポーツ

「水野和敏的視点」 vol.36 「メルセデス・ベンツA180スポーツ」&「メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集。今回の主役はメルセデス・ベンツの「Aクラス」と「CLAクラス」。プラットフォームが共通の、2台のコンパクトメルセデスの似て非なる方向性を、ミスターGT-Rがチェックする。


「A180」の室内。(写真はテスト車ではなく同型車のもの。写真提供:メルセデス・ベンツ日本)
メルセデス・ベンツA180スポーツ
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4355×1780×1420mm/ホイールベース:2700mm/車重:1440kg/駆動方式:FF/エンジン:1.6リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:122ps/5000rpm/最大トルク:20.4kgm/1250-4000rpm/タイヤ:(前)225/40R18 (後)225/40R18/価格:335万円

■「A180」のエンジンに面白みはないが……

「メルセデス・ベンツA180スポーツ」(335万円)に乗って、まず「いいな!」と感じるのが、インストゥルメントパネルに使われる、カーボンデザインのソフトパッドの表皮。カーボンのように表面にはちゃんとザラザラ感があって、しかも指先で押すと柔らかい。Aクラスは、いわばメルセデス・ベンツのボトムレンジですが、それでも皆と同じように樹脂パネルでテカテカに飾るようなことはしなかった。そんなところに感心します。

反面、残念なのが、“後付け然”としたナビゲーションシステムのディスプレイ。液晶まわりのいかにもプラスチックの素材感が、全体の雰囲気を壊しています。
例えば、まわりのプラスチックをフェイシア表皮とコーディネートして、カーボン調処理をするなどの工夫がほしいですね……。

いざ走り始めると……。A180スポーツにはスポーツサスペンションがおごられるので、足がキビキビしています。ちょっと気になるのが、低速時におけるステアリングを切った瞬間の遊び。A180スポーツには、舵角(だかく)に応じてギア比を変える「ダイレクトステアリング」が装備されますが、操舵(そうだ)の際に取り付けブッシュの変形による“たわみ”が感じられます。

足まわりの硬さに合わせてステアリング系の剛性を上げるには、マウントのブッシュを変えてやればいい。それをあえてしなかったのは、あまりハードにすると、路面からのキックバックが強くなるのと、高速走行で過敏になるのを嫌ったためでしょう。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹、ダイムラー、メルセデス・ベンツ日本)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Aクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る