「ルノー・トゥインゴ」3代目はリアエンジンに【ジュネーブショー2014】

2014.02.14 自動車ニュース
3代目となる新型「ルノー・トゥインゴ」
3代目となる新型「ルノー・トゥインゴ」

【ジュネーブショー2014】新型「ルノー・トゥインゴ」はリアエンジンで登場

仏ルノーは2014年2月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」の新型について、概要を明らかにした。

1992年の誕生から20年あまり。その初代の革新的なスピリットを呼び覚ますべく、さらに快適で俊敏なシティーカーを目指したとされる3代目「ルノー・トゥインゴ」がデビューする。

ルノーは新型を開発するにあたって、同時期に次期型スマートを検討していた独ダイムラーと協力。2010年には両社間で共同開発の合意がなされ、以後、生産に向けて計画を進めてきた。

このような経緯で、新型トゥインゴは歴代初のリアエンジン搭載車となり、それゆえ実現できたとされる室内空間の広さと小回り性の高さが、セリングポイントとなっている。

外観上は、往年の「ルノー5(サンク)」から着想を得たというリアウィンドウやショルダー部のデザイン処理、上級モデル「ルーテシア」のように、ドアハンドルを目立たなくしたリアドアなどが特徴。水色や黄色、赤、白といったポップなボディーカラーも、“トゥインゴらしさ”のひとつとしてアピールされている。

一方のインテリアは、現時点では非公開。2014年3月4日に開幕するジュネーブモーターショーにおいて、お披露目される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴルノージュネーブモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • ランドローバー・ディフェンダー ワークスV8 2018.1.17 画像・写真 英ジャガー・ランドローバーは2018年1月17日、ランドローバーの70周年を記念して、5リッターV8自然吸気ガソリンエンジンを搭載する「ディフェンダー ワークスV8」を150台限定で発売すると発表した。同車の詳細を写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
ホームへ戻る