「ルノー・トゥインゴ」3代目はリアエンジンに【ジュネーブショー2014】

2014.02.14 自動車ニュース
3代目となる新型「ルノー・トゥインゴ」
3代目となる新型「ルノー・トゥインゴ」
    拡大

【ジュネーブショー2014】新型「ルノー・トゥインゴ」はリアエンジンで登場

仏ルノーは2014年2月14日、コンパクトカー「ルノー・トゥインゴ」の新型について、概要を明らかにした。

1992年の誕生から20年あまり。その初代の革新的なスピリットを呼び覚ますべく、さらに快適で俊敏なシティーカーを目指したとされる3代目「ルノー・トゥインゴ」がデビューする。

ルノーは新型を開発するにあたって、同時期に次期型スマートを検討していた独ダイムラーと協力。2010年には両社間で共同開発の合意がなされ、以後、生産に向けて計画を進めてきた。

このような経緯で、新型トゥインゴは歴代初のリアエンジン搭載車となり、それゆえ実現できたとされる室内空間の広さと小回り性の高さが、セリングポイントとなっている。

外観上は、往年の「ルノー5(サンク)」から着想を得たというリアウィンドウやショルダー部のデザイン処理、上級モデル「ルーテシア」のように、ドアハンドルを目立たなくしたリアドアなどが特徴。水色や黄色、赤、白といったポップなボディーカラーも、“トゥインゴらしさ”のひとつとしてアピールされている。

一方のインテリアは、現時点では非公開。2014年3月4日に開幕するジュネーブモーターショーにおいて、お披露目される予定だ。

(webCG)

関連キーワード:
トゥインゴルノージュネーブモーターショー2014イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る