トヨタ・ヴォクシーZS 8人乗り/ノア ハイブリッドG 7人乗り

真面目に進化 2014.02.21 試乗記 “最高のミニバン”を目指して開発に臨んだという、最新型の「トヨタ・ヴォクシー/ノア」。その使い勝手は? 乗り心地は? 個性の異なる2モデルでチェックした。

首位奪還を目指して

6年半ぶりにフルモデルチェンジを受け、3代目となった「トヨタ・ヴォクシー/ノア」のマスコミ向け試乗会が開催された。

新型ヴォクシー/ノアに課せられた使命は、ずばり「5ナンバーサイズのミニバンにおける売り上げNo.1奪回」だろう。日産のホームページで「セレナ」をクリックすると、誇らしげに「3年連続 販売台数No.1ミニバンがさらに進化」というフレーズが踊る。この位置を奪い返すのがトヨタの悲願だ。
結論から書くと、新型ヴォクシー/ノアは、7人乗りまたは8人乗りのミニバンを真剣に必要とする人に向けて、丁寧に造り込まれていた。

丁寧な仕事ぶりについて書く前に、新型ヴォクシー/ノアのグレード構成から紹介したい。
ヴォクシーとノアは、機能からグレード構成にいたるまで、基本的にはまったく同じクルマである。何が違うのかといえば、顔が違う。「“毒気”のあるカッコよさ」をテーマにしたというヴォクシーは、上下2段の構成となるフロントグリルからヘッドランプにかけてのシャープな造形が特徴。一方「ミニバンの王道をいく“堂々感”」を打ち出すノアは、がばっと口を開いたかのような大きなフロントグリルで差別化を図る。
サングラスの似合う凛々(りり)しいパパがヴォクシーで、どんと構えた頼りがいのあるお父さんがノア、といったところか。

用意されるパワーユニットは2つ。ひとつは、基本的には「プリウス」と共通のハイブリッドシステムで、もうひとつは2リッターのガソリンエンジン。ハイブリッド車が7人乗り仕様のFF(前輪駆動)だけなのに対して、ガソリンエンジン車は7人乗り仕様と8人乗り仕様、しかもそれぞれFFと4WDを選ぶことができる。
また、ガソリンエンジン車には、フロントマスクの力強さとボディーのワイド感を強調するエアロボディーが用意される。標準ボディーが5ナンバーサイズに収まるのに対し、エアロボディーのグレードは3ナンバーのサイズとなる。
今回は、ノアのハイブリッド車と、ヴォクシーのガソリン車(エアロボディー)を中心に試乗を行った。

試乗会場に並んだ、新型「ヴォクシー」。写真のように、エアロパーツが特徴のガソリン車「ZS」(写真左)とハイブリッドモデル(同右)とでは、主にフロントまわりの意匠が異なる。
試乗会場に並んだ、新型「ヴォクシー」。写真のように、エアロパーツが特徴のガソリン車「ZS」(写真左)とハイブリッドモデル(同右)とでは、主にフロントまわりの意匠が異なる。
「ヴォクシーZS」のインテリア。写真の青みがかったシート地は、このグレード特有のもの。
「ヴォクシーZS」のインテリア。写真の青みがかったシート地は、このグレード特有のもの。
こちらは、ハイブリッド車のメーター。左からパワーメーター、速度計、燃料計の3要素で構成される。
こちらは、ハイブリッド車のメーター。左からパワーメーター、速度計、燃料計の3要素で構成される。
ハイブリッド車の、センターコンソール。「プリウス」と同じ形状のシフトノブ(写真右)が与えられる。
ハイブリッド車の、センターコンソール。「プリウス」と同じ形状のシフトノブ(写真右)が与えられる。
「ヴォクシーZS」のリアビュー。エアロパーツを装着する同グレードは、ボディーサイズゆえに“3ナンバー車”となる。
「ヴォクシーZS」のリアビュー。エアロパーツを装着する同グレードは、ボディーサイズゆえに“3ナンバー車”となる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴォクシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
ホームへ戻る