プジョー2008シエロ(FF/5AT)

アーバンクロスオーバーという価値 2014.02.19 試乗記 群雄割拠のコンパクトセグメントに登場した、プジョー期待のニューモデル「2008」。新パワーユニット「PureTech」を搭載する、アーバンクロスオーバーの使い勝手と走りを試した。

ドロくささはいらない

機能的でスタイリッシュ! コンパクトなアーバンクロスオーバーが登場した。2012年秋にデビューしたコンパクトハッチ「プジョー208」をベースにした「2008」がそれ。

「ホンダ買うボーイ。」こと初代「ホンダCR-V」や、キムタクが宣伝していた「トヨタRAV4」が発売されたのが1990年代半ばだから、ほぼ20年をかけて、日本発のトレンドが、欧州の自動車市場を席巻したわけだ。ムネアツ。ちなみに、208のワゴン版「SW」は、開発されていないらしい。

プジョーのクロスオーバー系を表す「00」系の末弟となった2008は、208のホイールベース2540mmはそのままに、全長を200mm延ばして4160mm、全高を80mm高めて1550mmにしたクルマ。1740mmの全幅は変わらない。

「ホンダ・フィット」ベースの「ヴェゼル」、「ルノー・ルーテシア」のクロスオーバー版と位置づけられる「キャプチャー」などと似たようなサイズだが、2008は、三者の中では、最も細く、低い。都市部での取り回しのよさが期待でき、入庫できる立体駐車場が多い点も、まさにアーバンカーボーイ……じゃなくて、アーバンクロスオーバー。

広告のキャッチフレーズは、「いつもの街が違って見える」だとか。街乗り主体なので、ドロくさい(!?)4WDモデルは用意されない。駆動方式は、FFのみとなる。

ブーメラン型のLEDコンビネーションランプ。
ブーメラン型のLEDコンビネーションランプ。

プジョー2008シエロ(FF/5AT)【試乗記】の画像
「208」(写真左)をベースに新しく開発されたコンパクトクロスオーバー「2008」(写真右)。フロントマスクには新世代プジョーの特徴であるフローティンググリルが採用される。
「208」(写真左)をベースに新しく開発されたコンパクトクロスオーバー「2008」(写真右)。フロントマスクには新世代プジョーの特徴であるフローティンググリルが採用される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2008の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • ジュネーブショー2016の会場から(その20) 2016.3.8 画像・写真 プジョーは第86回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2016年3月1日~3月13日)で、マイナーチェンジを施した新しい「2008」や、ワンボックスカーの「トラベラー」を発表した。同社のブースの様子を画像で紹介する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
  • 地中海の色をイメージした「ルノー・カングー」発売 2017.2.23 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月23日、マルセイユから見渡す地中海の色をイメージしたボディーカラーをまとう、「カングー」の特別仕様車「クルール」を設定。同日、販売を開始した。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る