トヨタ・ヴォクシー/ノア 開発者インタビュー

「期待以上のクルマ」を作る 2014.02.21 試乗記 トヨタ自動車
製品企画本部
ZH チーフエンジニア
水澗英紀(みずま ひでき)さん

国内ミニバン市場の有力モデル「トヨタ・ヴォクシー/ノア」が、6年半ぶりにフルモデルチェンジ。その開発のポイントは? 新型に込められた思いとは……?

まずはニーズを知ることから

トヨタ・ヴォクシー/ノアが2014年1月20日にフルモデルチェンジを受け、3代目となった。超が付くほどの激戦区である5ナンバーサイズのミニバン市場において、新型“ノアヴォク”(と略されることが多い)は何を武器に戦うのか? そしてその武器を手に入れるために、どのような開発を行ったのか。開発責任者を務めた同社製品企画本部の水澗英紀チーフエンジニア(CE)にお話をうかがった。

インタビューを始める前に、ここまでのストーリーを簡単におさらいしたい。先代の2代目ノアヴォクは2007年にデビュー。出足は好調で、2010年までは両車合計で5ナンバー枠ミニバン市場の50%以上を占めた。ところが2010年に4代目となる「日産セレナ」が登場するや形勢は逆転。2011年から昨年まで、3年連続でセレナがこのカテゴリーで首位の座に輝いた。
というわけで水澗CEに「やはり打倒セレナでしょうか?」と話を振ってみたけれど、「う~ん……」と食い付きが悪かった。

もちろん販売台数でセレナを上回りたいというのはありますけれど、開発にあたって打倒セレナを目標にしていたかというと、そんなことはありません。

――では、どのような目標を持って開発にあたったのでしょうか?

日本では普通乗用車の販売台数は低下傾向にあります。けれども、この5ナンバーサイズのミニバンは減らないのです。毎月、コンスタントに各社合計で2万台程度を販売しています。では、お客さまはミニバンに何を求めていらっしゃるのか? 何を求めていると思われますか?

――広さ、燃費、デザイン、使い勝手、価格……。そのあたりだと思います。

開発するにあたって、新型ヴォクシー/ノアをどういうミニバンにすべきかを徹底的に考え、リサーチしました。そして、このクラスのクルマを買われる方は、後席の広さ、スライドドアの乗り降りのしやすさ、3列目シートの快適さやシートアレンジの使い勝手などを求めているという結論に達しました。なぜなら、いま挙げた要素は他のセグメントでは手に入らないものだからです。

2014年2月上旬、マスコミ向けの試乗会場に並んだ新型「ヴォクシー/ノア」。
2014年2月上旬、マスコミ向けの試乗会場に並んだ新型「ヴォクシー/ノア」。

トヨタ・ヴォクシー/ノア【開発者インタビュー】の画像
インテリア。計器盤は、先代モデルのセンターから運転席前方に移動。フード類の高さを抑え、三角窓を大きくするなど、良好な視界が得られるよう配慮したという。
インテリア。計器盤は、先代モデルのセンターから運転席前方に移動。フード類の高さを抑え、三角窓を大きくするなど、良好な視界が得られるよう配慮したという。
<プロフィール>
1985年に入社、実験部へ配属され新型ノアヴォクの祖先である「ライトエース」を担当。「『ノア』と『ヴォクシー』に戻ってきたのも何かの縁でしょうか」と笑う。以後、実験全般を経験した後に製品企画本部へ移る。2007年に発表した2代目に続き、3代目となる新型ヴォクシー/ノアの開発を担当した。
<プロフィール>
    1985年に入社、実験部へ配属され新型ノアヴォクの祖先である「ライトエース」を担当。「『ノア』と『ヴォクシー』に戻ってきたのも何かの縁でしょうか」と笑う。以後、実験全般を経験した後に製品企画本部へ移る。2007年に発表した2代目に続き、3代目となる新型ヴォクシー/ノアの開発を担当した。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴォクシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • ホンダ・フリード/フリード+(後編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダから新型「フリード」と「フリード+」が登場。従来モデルから機能性や利便性が大幅に向上しており、特にフリード+は荷室の大幅な低床化を実現。フラットに格納できる2列目シートや脱着式フロアボードによる、多彩なアレンジも魅力となっている。
  • ホンダ・フリード/フリード+(前編) 2016.9.16 画像・写真 ホンダの小型ミニバン「フリード」が新型にフルモデルチェンジ。車名を「フリード+(プラス)」に改めた2列シートモデルとともにデビューを果たした。初代以上に、幅広いユーザーにとっての“ちょうどいい”を目指したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・シエンタ【開発者インタビュー】 2015.8.11 試乗記 12年におよぶモデルライフを経て一新された、トヨタのコンパクトミニバン「シエンタ」。新型の個性的なデザインやメカニズムは、どんな思いから生み出されたのか? 開発責任者の生の声を聞いた。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る