ジープ・グランドチェロキー リミテッド(4WD/8AT)/グランドチェロキー ラレード(4WD/8AT)

どこでも頼れるパートナー 2014.02.20 試乗記 マイナーチェンジを受け、より精悍(せいかん)に、そしてエコに生まれ変わった「ジープ・グランドチェロキー」。3.6リッターV6モデルの走りを、長野・白馬の雪道で試した。

8段AT搭載で燃費が向上

2014年1月下旬、フィアットとクライスラーが経営統合し、新社名が「フィアット・クライスラー・オートモービルズ」と発表される前夜、われわれはフィアット クライスラー ジャパンから「ジープで雪道を走りませんか?」とお誘いを受け、長野県白馬村を訪れた。

白馬といえば長野五輪の開催地。原田雅彦が137mの大ジャンプをぶちかました白馬ジャンプ競技場近くの雪道を新型「グランドチェロキー」で走った。かつてアウディがクワトロの優位性を示すのにどこかのジャンプ台を駆け上がるCMがあったよなぁ、でもグランドチェロキーならそんなの余裕だろうなと、競技場の近くを走りながら考えた。

さて、今回試乗したグランドチェロキーは、本国で2010年、日本では11年に発売された4代目。13年末にマイナーチェンジし、彼らが「モア・アグレッシブ・デザイン」と呼ぶ鋭い顔つきになったほか、ATが5段から一気に8段になって燃費が向上した。1993年に登場した初代から今回のマイチェン後のモデルまで、ジープを名乗るにふさわしい悪路走破性を備えながらも、ゴリゴリのクロカンルックではなく洗練されたエクステリアを貫いてきたのが特徴。

日本仕様のグランドチェロキーには、「ラレード」「リミテッド」「サミット」「SRT8」の4モデルがある。大ざっぱに説明すると、ラレードとリミテッドがV6エンジンを積み、サミットとSRT8がV8エンジンを積む。ラレードが金属バネ仕様で、残る3モデルはエアサス仕様。すべてセンターデフ付きのフルタイム4WDとなる。


インテリア。ブラックとライトフォレストベージュのツートンカラーは「リミテッド」独自のもの。他グレードはブラック一色に限られる。
マイナーチェンジを機に、計器盤は液晶タイプに変更された。ステアリングホイールのスイッチを操作することで、中央部に燃費や車両設定などの情報を表示できる。(写真をクリックするとメーターの表示が変わります)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る