シトロエンが「DS3」に新パワートレイン搭載

2014.02.17 自動車ニュース
「シトロエンDS3」
「シトロエンDS3」

シトロエンが「DS3」に新パワートレインを搭載

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月17日、3ドアコンパクトモデル「シトロエンDS3」に一部改良を実施し、発売した。

今回の改良ではエントリーグレード「シック」のエンジンおよびトランスミッションを一新。新たに1.2リッター直3エンジンと、「ETG5」(オートマチックモード付きエフィシェントトロニック・ギアボックス)と呼ばれる5段ロボタイズドMT、アイドリングストップ機構「ストップ&スタートシステム」を搭載した。

これにより、燃費は1.6リッター直4エンジンと4段ATを搭載していた従来モデルから約49%改善し、18.6km/リッター(JC08モード)を実現した。

また、全グレードにオーディオ(8スピーカー)を標準装備としたほか、ボディーカラーには新たに「ブランバンキーズ+ブルーアンフィニ」のツートンカラーを追加設定した。

価格はシックが247万円、スポーツシックが270万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
DS3シトロエン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3エクスクルーシブ(FF/5AT)/DS3シック(FF/5AT)【試乗記】 2014.2.26 試乗記 プジョー・シトロエンがコンパクトカー用に開発した新パワーユニット「PureTech」。その1.2リッター3気筒エンジンと新トランスミッション「ETG5」を搭載した「シトロエンC3」と「シトロエンDS3」の走りを試した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • 「DS 3」にパルテノン神殿がモチーフの特別仕様車が登場 2018.2.13 自動車ニュース DSブランドのコンパクトカー「DS 3」に、50台の限定モデル「パルテノン」が登場。車名の通り、古代ギリシアの古代遺跡、パルテノン神殿をモチーフにしたというボディーカラーが特徴で、ルーフカラーには茶系の「ブラントパーズ」が用いられている。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る