燃費を57%改善した「シトロエンC3」が登場

2014.02.17 自動車ニュース
「シトロエンC3」
「シトロエンC3」

燃費を57%改善した「シトロエンC3」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月17日、5ドアコンパクトモデル「シトロエンC3」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、従来の1.6リッター直4エンジンに代わり、新たに1.2リッター直3エンジン「EB2」を搭載した。このパワーユニットはPSAプジョー・シトロエン・グループが新開発したもので、最高出力82ps/5750rpm、最大トルク12.0kgm/2750rpmを発生。エンジン単体の重量は従来のパワーユニットより約20%軽量で、フリクションロスも約30%低減しているという。

これに組み合わせるトランスミッションには、新たに「ETG5」(オートマチックモード付きエフィシェントトロニック・ギアボックス)と呼ばれる5段ロボタイズドMTを採用。また、アイドリングストップ機構を全車に標準装備とした。

これらの改良により、新しいC3は従来モデルより燃費を57%改善し、19.0km/リッターを実現している(JC08モード)。

価格はエントリーグレードの「セダクション」で203万円、上級グレードの「エクスクルーシブ」で233万円。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC3/C3 WRCコンセプト/CXPERIENCE 2016.9.29 画像・写真 グループPSAはパリモーターショー2016で、新型「シトロエンC3」や2017年のWRCに投入予定の「C3 WRCコンセプト」、次世代サルーンのデザインコンセプト「CXPERIENCE」ほかを公開する。その姿を画像で紹介。
  • シトロエンC3 2016.6.30 画像・写真 仏シトロエンが新型「C3」の概要を発表した。外観はAセグメントの「C1」やクロスオーバー車の「C4カクタス」に通じるデザインで、ドアパネルにはポリウレタン製のエアクッションを装着できる。個性的なルックスの新型「C3」を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
  • MINIクーパーSD クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.11 試乗記 6年ぶりにフルモデルチェンジした、MINIブランドのSUV「MINIクロスオーバー」に試乗。ひとまわり大きくなった2代目の走りや乗り心地、燃費性能を、ディーゼルのトップモデル「クーパーSD ALL4」でチェックした。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】NEW 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る