第1回:コストパフォーマンス抜群!
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~

2014.02.18 JAIA輸入車試乗会2014

今年も大磯で輸入車の合同試乗会が開幕! まずはコストパフォーマンス抜群の、お値段300万円以下のクルマから編集部注目のモデルを紹介しよう。

遅れてきた大物
フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost……229万円

「いまご注文いただいても、色によっては夏ごろの納車になってしまいます」
2008年のデビューから実に5年余りが過ぎ、ようやく日本導入が実現した4代目「フィエスタ」。冒頭の言葉どおり販売は絶好調で、“選ばれている”ポイントは、「デザイン」「装備」それから「エンジン」なのだそうだ。

アストンみたいな顔つきや、シャープなスタイルは確かにカッコいいし、クルコンやオートエアコン、プレミアムサウンドシステム、30km/h以下自動ブレーキの「アクティブ・シティ・ストップ」を標準搭載するなど、日本仕様は装備満載の内容になっている。

そして1リッターの「エコブースト」エンジン。3気筒なのに見事に滑らかだ。バランサーシャフトも使わず、ここまでスムーズに回るのは「フォルクスワーゲンup!」と双璧だと思う。その上で100ps、17.3kgmというご立派なアウトプットを実現しているのだからたいしたもの。さすが「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を2年連続受賞しただけのことはある。

で、乗ったらどうか? アクセルを踏み込むと間髪入れずに立ち上がる、その豊かなトルク感に感動。欧州フォード伝統のシャシー性能の高さとも相まって、快適にクルーズするもスポーティーな走りを楽しむも、気の向くまま。現時点で選べというなら、カー・オブ・ザ・イヤーを差し上げたい。まだ2月ですけど。

(文=webCG 近藤/写真=峰 昌宏)

「フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost」
「フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost」

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • 第44回:巨乳にも限度がある 2017.6.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第44回は「巨乳にも限度がある」。「一生乗る!」との決意とともに2580万円で購入した「フェラーリ458イタリア」、筆者がその“お宝”を手放したワケとは? 進化しすぎたスーパーカーにモノ申す。
  • 第18回:ありがとうフォーカス(最終回)
    3カ月間で3800kmを後にして思ったこと
    2016.3.25 フォード・フォーカス日常劇場<PR> 3カ月間、距離にして3800km、われわれの力強い助っ人として活躍してくれた「フォード・フォーカス」が、今回の報告を最後に編集部から卒業する。ありがとうフォーカス! 駆け足でこの3カ月を振り返る。
  • 第14回:フォーカスの実用燃費報告
    約2000km走って11.0km/リッターを記録
    2016.2.26 フォード・フォーカス日常劇場<PR> フォーカスがwebCGにやって来てから早いもので2カ月が経過した。約2000km走って得た実用燃費は11.0km/リッター。燃費を伸ばすためには、ちょっとした傾向と対策があることがわかってきた。
ホームへ戻る