第1回:コストパフォーマンス抜群!
輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~

2014.02.18 JAIA輸入車試乗会2014

今年も大磯で輸入車の合同試乗会が開幕! まずはコストパフォーマンス抜群の、お値段300万円以下のクルマから編集部注目のモデルを紹介しよう。

遅れてきた大物
フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost……229万円

「いまご注文いただいても、色によっては夏ごろの納車になってしまいます」
2008年のデビューから実に5年余りが過ぎ、ようやく日本導入が実現した4代目「フィエスタ」。冒頭の言葉どおり販売は絶好調で、“選ばれている”ポイントは、「デザイン」「装備」それから「エンジン」なのだそうだ。

アストンみたいな顔つきや、シャープなスタイルは確かにカッコいいし、クルコンやオートエアコン、プレミアムサウンドシステム、30km/h以下自動ブレーキの「アクティブ・シティ・ストップ」を標準搭載するなど、日本仕様は装備満載の内容になっている。

そして1リッターの「エコブースト」エンジン。3気筒なのに見事に滑らかだ。バランサーシャフトも使わず、ここまでスムーズに回るのは「フォルクスワーゲンup!」と双璧だと思う。その上で100ps、17.3kgmというご立派なアウトプットを実現しているのだからたいしたもの。さすが「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤー」を2年連続受賞しただけのことはある。

で、乗ったらどうか? アクセルを踏み込むと間髪入れずに立ち上がる、その豊かなトルク感に感動。欧州フォード伝統のシャシー性能の高さとも相まって、快適にクルーズするもスポーティーな走りを楽しむも、気の向くまま。現時点で選べというなら、カー・オブ・ザ・イヤーを差し上げたい。まだ2月ですけど。

(文=webCG 近藤/写真=峰 昌宏)

「フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost」
「フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost」

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像

第1回:コストパフォーマンス抜群!輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フィエスタの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「JAIA輸入車試乗会2014」の過去記事リストへ
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スバル、2018年型の「アウトバック」をニューヨークで公開 2017.4.7 自動車ニュース スバルは2017年4月7日、米国・ニューヨークで開催されるニューヨーク国際オートショー(開催期間:4月12日~23日)で、2018年型の「スバル・アウトバック」(米国仕様車)を公開すると発表した。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
ホームへ戻る